読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

五年目のオフシーズン

リーグ優勝、シリーズ制覇とチームは輝かしい成績。個人は、野手部門だけで、フル出場の土井正博が打点と本塁打の二冠プラス最多安打。優勝したのに、なぜかMVPには選出されず。

f:id:morihiko256:20161217220022j:image

 

富山カターレ落合博満の後、破格の金額で4年間率いて頂いた新山監督。 

f:id:morihiko256:20161218144422j:image

日本一直後に、5年の複数年を要求してきたが、GMとしては、長期政権とは考えていなかったので、有終の美で退いて頂いた。

その新山監督を支えた(安く架空の)コーチ陣も監督と同時に入れ替え。

ようやく実在する(フジの解説者としてしか知らなかったが)カミソリシュートの平松政次を投手コーチに招聘。

f:id:morihiko256:20161223232836j:image

そろそろ監督も実在するメジャーな人を選びたい。できれば、良スキル持ちの。ただ、今年の候補の中には、見当たらなかったので、架空の相沢氏に依頼。

 

ドラフトは、さすがに直前セーブして、他球団の動向を把握してから、リスタートし、東尾修伊藤太一石井浩郎の順番で獲得。

 f:id:morihiko256:20161223232602j:image

即戦力の高校生外野手。調べたら、江藤慎一という殿堂入りしてる選手だった。両リーグの首位打者という記録を持っていた事もあり、安打製造機やド迫力の良スキル持ちで、守備の捕球が悪いくらい。

 

制球力の優れた外国人投手を探したところ、スカウトから有能なのが見つかったとメールが届く。

調査を進めていくと、体力が少なく、先発要員にはならないが、トータル獲得費用が1.5億弱だったので、獲得する。

日本シリーズのような中継ぎが打たれて取りこぼしが減って、地味に活躍してくれたら。

f:id:morihiko256:20161223232619j:image

カーブはAだが、スキル無し。

 

(五年目)日本ハムとの日本シリーズ

2016年と同じくバリーグの覇者は日本ハム。その第1戦。

先発は、いきなりのダルビッシュ。さすがにこのクラスの投手が先発だと勝てる気がしません。

カターレは、調子の良さとシーズンの好成績から初戦のマウンドを山井大介に抜擢。

f:id:morihiko256:20161214074946j:image

ところが、首脳陣の期待に応えることができず、初回打ち込まれ、打線もダルビッシュの前に沈黙し、完敗。

 

第2戦。

先発の朝倉が粘りのピッチングで6回1失点と試合を作る。ところが、荒川が捕まって、同点に追いつかれるものの、土壇場の9回表に村田が値千金の決勝弾。

f:id:morihiko256:20161214075511j:image

 

第3戦。

富山の投手小笠原が先発するが、初回からボコボコに打ち込まれ、中継ぎも打たれて完敗。

f:id:morihiko256:20161214075658j:image

第4戦。

シーズンの結果がイマイチだった西本聖が今年一番の出来で、6回まで3失点で踏ん張る。

ところが、7回頭から登板した与田剛が乱調。試合をひっくり返される。

この敗戦で日ハムが王手。

f:id:morihiko256:20161214075935j:image

第5戦

後がない富山カターレ。しかし、先発はルーキーの今津(伊良部)に託す。

f:id:morihiko256:20161214083115j:image 

その今津が踏ん張るが、与田、岡本が捕まり、同点に。

ただ、10回裏に劇的な井端のサヨナラタイムリーで地元ファン前でようやくの1勝。

 

第6戦

ようやく調子が戻り、調整が間に合った金髪のエース獅子堂。

f:id:morihiko256:20161214083140j:image

日ハム打線を圧巻のピッチングで4安打に抑えて完封し、リアルで2016年引退した新垣渚との投げ合いを制し、逆王手。

 

第7戦

最終戦。先発のマウンドは、シーズン途中から先発に回した久本祐一(こちらも2016年広島から引退)。相手は、初戦に好投したダルビッシュ

f:id:morihiko256:20161214083208j:image

先発の久本は、このシリーズも中継ぎとして待機していたが、最終戦は、先発し6回まで1失点と好投。打線も初戦に苦しめられたダルビッシュを攻略し4点奪う。

あとは、7回から必勝パターンで繋ぎ、なんと5年目にして日本シリーズも制してしまいました。

f:id:morihiko256:20161217124053j:image

いやー、この日本シリーズも、リセットせずにプレイしてますが、最初の目標を早々に達成してしまったので、今後をどうするかを悩みますが、とりあえず、ゲームなんだし、ダラダラと続けてみます。

 

 

五年目の9月

まさかの優勝争いに加わるどころか、一時は首位にもなるし、富山カターレにマジック点灯といった事もありましたが、すぐ負けて消滅したりと混戦模様。

GM自身は、初プレイでも無いので、まったく焦っておらず、試合が終わるたびに、順位表を見る事はありませんでした。

そのリラックスした状態が選手達にも伝わった?のか、目立った連敗せず踏ん張った投手陣の活躍やタイフーン打線の奇跡的な一発での勝利を重ねてゆき、2位のチームと直接対決ではないものの、最終戦で勝てば、優勝という決戦の舞台に。(あの94年の10.8決戦とはならず)

f:id:morihiko256:20161213233040j:image

そこで、見事勝利し、2位と0,5差で初優勝!!!!

いやはや、GMが一番驚いています。

リセットもする程、優勝に執着してないので、この決戦をやり直したりはしてないのですが、この戦力でも優勝できるんですね。写真は撮り忘れましたが、チーム防御率は、6球団でもトップで、他のチームよりは打ってなかったので、守りのチームだったかもしれません。

 

f:id:morihiko256:20161213072522j:image

ペナントレース優勝で五年目のシーズンは終了。横浜が失速して、阪神との争いになってたんですね。 

f:id:morihiko256:20161214085105j:image 

先発投手の成績。金髪のエース獅子堂以外は、勝ち星が上回ってるのが少ないが、樋口や山井大介の2人が素晴らしい結果。

f:id:morihiko256:20161214123607j:image

中継ぎの成績。平井正史がシーズン中、ほぼ不調で登板機会が少なく、その代わりに岡本真也が抑えで奮闘。

f:id:morihiko256:20161214124156j:image

打者。土井正博は、不動の4番で、全試合に出場。村田修一阿部慎之助がもう少し打てば、楽に優勝できた?

五年目の8月

8月も失速することなく、貯金も7とし、2位をキープ。

ここまでの個人成績を見てみると、金髪 獅子堂がチームトップの8勝、先発に回った久本とサークルチェンジの中継ぎ荒川が7勝、リアルでここ最近結果が出ていない山井が6勝といったところ。

毎試合を見ていても、記録を取っていないので、個人の成績からは、よくわからないチームの結果。おそらく先発がなんとか試合を作って、中盤で得点するのが勝ちパターンのような気がします。

 

首位は、阪神から横浜に、入れ替わっていました。架空選手でトップクラスの内田 貴海、2016年のWBCのコーチもされる権藤 博、サイドスローの中継ぎで活躍した加藤 武治、色々と問題はあったがゲームでは優秀な那須野 巧、今年引退したハマの番長 三浦と横浜投手陣は、なかなか充実してるので、なかなか手強そう。

f:id:morihiko256:20161211011803j:image

ドラフトの投手で東尾修を発掘。今や娘の理子の方が有名かもしれないが、間違いなくエース級の逸材。

 f:id:morihiko256:20161211122357j:image

f:id:morihiko256:20161211122614j:image

ただ、その東尾も欲しいが、甲乙つけ難い高校生外野手二人と

f:id:morihiko256:20161211122658j:image

こちらは、社会人の石井浩郎。未調査を残しているが、レーダーチャートが大きい。

 

五年目の7月

7月は、何故か先発の投手達がモチベーションが一斉に低下し、緑(顔の表情のアイコン)となっていても、調子(矢印のアイコン)は絶好調というゲームならでは状態に陥りました。

イメージするなら、腕はよく振れて身体は、いつもより動くはずなのに、つまらない配球ミスで被弾とかアウトやカウントを取り損なうといった守備の連携ミスで記録に残らないエラーが続く状態なのでしょうか。

まぁ、ゲームでは、モチベーションが低くても、しばらくしたら元に戻る事もありますが、低下してる期間が長かったり、青色の不調となる事が多いので、余程のことが無ければ、すぐに二軍落ちさせます。まぁ、緑でも6回まで投げれる時は投げれるし、最高の赤の時でも打ち込まれる時もありますが。

その場凌ぎですが、久本やチェン、金剛といった体力のある中継ぎを先発させて、耐えていたつもりでしたが

f:id:morihiko256:20161204120221j:image 

7月が終わってみたら、貯金は5つもあるし、順位も2位。あれ?もしかして、好調?

 

ただ、先発の駒は、まだ、足りない感じ。今季は、今のところ、優秀な投手がリストアップされてきませんので、ちょっと、調子乗って、オフにソコソコな外国人先発投手を探してみます。

 

 

五年目の6月

交流戦で層の薄さが出るかと思ったら、まずまずな6月。

f:id:morihiko256:20161203090954j:image

福留が移籍した阪神が首位。リアルでも、2016年シーズンは、三割キープで、凄いですよね。他が打たないから、打点とか本塁打とか欲張ってしまいますが。

 

池山を一軍に上げた時に、村田の「ブンブン丸」のスキル×2となり、チームカラーの「タイフーン打線」が初めての発動。

説明を読むと、バッター全員の巧打が落ちて、長打が伸びるそうですが、今までチームカラー無しで戦っていたので、この効果により、借金無しの状態が続いているかもしれません。なんとなくですが。

 

f:id:morihiko256:20161128010557j:image

現在のベストメンバー。右投手なら、調子次第で森野、左なら人見ってぐらい。

まだ、チーム自体が生まれ変わってないので、高橋光信や大友とか在籍してます。

五年目の5月

5月に入ると、選手達は、試合感覚を取り戻せて、交流戦が始まっても、コツコツと借金返済。

 このゲームが作られた時代は、交流戦がホームとアウェイ(ビジター)の計6試合の方式で、選手の移動とか興行的には大変だったと思うけど、今のどちらか三試合方式よりは好きかも。ただ、2016年の交流戦やDSとは異なり、このゲームでは、交流戦の優勝とか無かった気がする。だから、リアルでも、ペナントシーズンの中で、別リーグのチームと試合して、DHをどうするとか、遠征をどう乗り切るかといった感じだったと記憶しています。

 

f:id:morihiko256:20161123084802j:image

10日でゲーム内の一ヶ月というペースは、遅すぎ?

 

人事面では、新庄(SHINJO)や架空の伊藤太一、金井大といった逸材を発掘。外野手のどちらかは獲りたいところ。