ゲーム好きおっさんの日記

小学生の頃、初めてゲームに触れてから、ずっとゲームを続けてるおっさんのブログ

栄冠ナイン2020 10年目

ひさびさの更新になりました。

プライベートでいろいろありまして、ゲームすら、する気になれませんでした。

心とかをリセットしてくれたり、ワクワクさせたりしてくれるゲームという存在と思っていたのですが、こんな気持ちになるんですね。

 

 

昨年、甲子園初優勝を掴んだ一つ下の北川の世代で、特待生の坂出をエースで望んだ夏季大会は、Aランク松野学院に準決勝で惜しくも敗れる。

f:id:morihiko256:20201011190211j:image

f:id:morihiko256:20201011190159j:image

北川、中村を含め、打てる捕手の宿毛もいたが、強敵相手では全体的に少し足りなかった。

もう一回出直そう。

 

今年の新入生は、特待生は能力値が高そうな地元愛媛の砥部。

が、入部してみたら、チャンス、送球ともにEでは、外野にコンバートしてもスタメンは厳しそう。

f:id:morihiko256:20201013225816j:image

もう1人は、徳島の吉野。送球Eが気になるが、まずまずといった選手か。

f:id:morihiko256:20201013230335j:image

転生OBは、広島で活躍した黒田博樹

f:id:morihiko256:20201013234144j:image

さすがハイスペック。1年秋からエースに指名し、三度目の甲子園を目指すとする。

 

栄冠ナイン 9年目の夏の甲子園

全国の独自大会が終わった日に更新。

 

3年ぶり二度目の甲子園となった小久保擁する愛媛代表の野球部は、初戦は熊本代表と激突します。

f:id:morihiko256:20200823124030j:image

投手戦となり、打てるキャッチャー宿毛君の3ランを放ち、格上の名門 合志実業をエース島脇と山下のリレーで、わずか4安打無失点で抑えこみ、厳しい相手との初戦を制しました。

f:id:morihiko256:20200823124651j:image

続く二回戦は、鳥取代表の鳥取南高校。初戦よりは楽な相手だったので、先取点を取り、そのまま逃げ切り。

f:id:morihiko256:20200823140807j:image

エース島脇がまたも好投。

春の選抜も出てないから、ここで一躍全国区の投手になったかもしれない。

f:id:morihiko256:20200823141134j:image

3回戦は、同じ四国勢の高知高校とベスト8をかけて戦う。

f:id:morihiko256:20200823232626j:image

エース島脇も3連投となるが、相手投手を打ち崩し、楽な展開になり、ベスト8に進出。

f:id:morihiko256:20200823232859j:image

準々決勝の相手は、沖縄代表の名護高校。

f:id:morihiko256:20200823233244j:image

先取点を取られ、追いかける展開になったが、特待生の夏目に同点2ランが飛び出して、一気に逆転した。スピードスターの異名だが、そこまで足を使える選手ではなかったが、この日は大暴れだった。

f:id:morihiko256:20200823233537j:image

準決勝は、三重の伊賀高校。

f:id:morihiko256:20200823233848j:image

魔物で相手を潰して、初の決勝へ。

f:id:morihiko256:20200823233947j:image

決勝の相手は、お隣の広島代表の広島学園。どうやら昨年の準優勝チームとのこと。

f:id:morihiko256:20200823234103j:image

エース島脇が完投し、2ラン2発だけだが、見事勝利。

f:id:morihiko256:20200823234251j:image

f:id:morihiko256:20200823234506j:image

f:id:morihiko256:20200823234536j:image

2020では、春夏通じて初優勝。名門にもなりました。

正直、特待生でもない地元入学の投手がまさかの甲子園優勝投手になるとは思わなかったが、無名だった投手がこういうサクセスストーリーとなるのも、実は好きだったりします。

 

甲子園経験ができた北川ら2年生が来年どんな成績となるのか、また、楽しくなってきました。

 

栄冠ナイン2020 9年目

甲子園が一戦のみの交流大会となった最終日に更新。

いち野球ファン、高校野球ファンとしても特別な夏というのを改めて思う。

 

さて、栄冠ナインのプレイも9年目となり、ようやく施設やグラウンドが整って、強くなっていく時期ではあったが、

小久保、夏目の世代で、3年ぶり二度目の夏の甲子園出場する。

昨年、秋季大会は、地区大会1回戦負けだったのだが、それから、チームとしてかなりの成長を遂げたと思われ、夏の大会中に強豪校に返り咲いた。

f:id:morihiko256:20200817115120j:image

正直、特待生も夏目のみで、小久保の三年生の層は薄く、甲子園は無理だと思っていたが、

地元愛媛のエース島脇と左のリリーフ揺さぶりを使える山下で、投手陣が良く踏ん張り、勝ち上がった。

f:id:morihiko256:20200817115202j:image

打撃陣は、4番小久保裕紀は、甲子園前で打率4割本塁打11本35打点。試合を決める決定打が多くあり、さすがでした。

f:id:morihiko256:20200817115620j:image

唯一の特待生 夏目は、ホームランも打てる1番打者として、立派に成長。送球Eは、どうしようもないのでセンターを守っていましたが。

エース島脇もそうだが、期待通りにスキルを身につけ、甲子園出場を達成すると嬉しいゲームではある。

f:id:morihiko256:20200817120126j:image

 

スカウトで、とにかく四国を回るのが、現在の縛りプレイ。

今年の特待生は、4人。

チャンスに強いと評判の香川の琴平君。チャンスAは、評判通りだが、他に特徴無く、リードDでも送球Eでは、ちょっと厳しいか。

f:id:morihiko256:20200817123309j:image

徳島からは、選球眼のある阿波君。チャンスに弱いが、カット打ちができるので、1番打者候補。

f:id:morihiko256:20200817123736j:image

高知からは、重い球が魅力の須崎君。根性もあり、打たれ強さやピンチがCなので、エース候補。

f:id:morihiko256:20200817124602j:image

地元愛媛からは、全国大会も未経験だが、能力が高い色だった内子君。

磨けば光る原石であれば、嬉しいけど、控えで終わる可能性が高い。

f:id:morihiko256:20200817131920j:image

 

転生OBは、近鉄や中日で活躍した中村紀洋。一瞬、三塁手というだけで、西武の中村剛也と勘違いしたが、そもそも年齢が違った。

f:id:morihiko256:20200817132648j:image

 

栄冠ナイン2020 8年目

8年目の夏は、県大会準優勝。

決勝も接戦で争ったが、見出しの通り2年で4番に抜擢した小久保で打てなかった。

ただ、それまでの試合では、2年の彼も結果を残したので、すぐ先の秋大会や来年に期待しよう。

 

3年生の香川の特待生 丸亀と転生OB赤堀の2人で勝ち上がっていったが、力及ばずという結果に。

捕手は、結局、徳島の特待生 3年生の美馬で望んだ。

f:id:morihiko256:20200809072629j:image

 

今年の特待生は、去年の失敗を取り返す為、天才の投手に会ったが、感触が悪いので、色んな所に、声をかけた。

1番の期待は、高知の渋いバッティングをする宿毛君。左には弱いが、チャンスCでリードD送球Cなら、そこそこ期待はできそう。

f:id:morihiko256:20200809073901j:image

ただ、他の2人はガッカリした結果。

香川の坂出君と地元枠の今治君。リストアップされた選手もあまり良くなかった年だったと思う。見送りも選択肢として、入れるべきだったかもしれない。

f:id:morihiko256:20200809074237j:image

f:id:morihiko256:20200809074252j:image

転生OBは、北川博俊。

いくらノムさんに冷遇されたからといって、ちょっと同情してしまうが、同期に宿毛君が来たので、大人しく内野になると思う。

代打スキル持ちなので、下級生でのベンチ入り選手として、一年からの活躍を期待。

f:id:morihiko256:20200809075312j:image

 

 

栄冠ナイン2020 7年目 

昨年の甲子園初出場でベスト4に残って、強豪校の仲間入り。

一つ下の世代は、斎藤隆、室戸の両投手以外は、スカウトの失敗した年でもあって、野手陣が小粒すぎた。秋も地区大会にも出れず、3年となった夏の県大会も2回戦で惜敗してしまう。

 

前バージョンなら、間違いなく、強豪校から転落するところ、2020版ではなんとか耐えた(秋季大会2回戦負けで、結局、この年に中堅落ち)

f:id:morihiko256:20200803090706j:image

 

スカウトの方は、前年の結果ではあるが、全国大会優勝、キャプテンという肩書に、能力値も高そうな地元愛媛の夏目君に惚れ込んでしまった。

感触が悪いのに、すべての機会に訪問し、ようやく口説き落としたのだが、入学式で見事に裏切れられる。

チャンスG、送球Eで、その他のサブパラも壊滅的。監督、言葉を失う。とりあえず、外野に回ってもらう。

f:id:morihiko256:20200803091517j:image

ただ、転生OBに小久保が来てくれた。マイナスの赤色もなく、素晴らしい。

f:id:morihiko256:20200803092343j:image

小久保1人で勝てないとは思うが、この世代も厳しいか。

栄冠ナイン 6年目の夏の甲子園

初戦の一回戦は、鳥取代表と。

f:id:morihiko256:20200729152603j:image 

この日、先制3ランを放った切り込み隊長の油井君(写真は、県大会終了時点)は、紙面を飾るほどの大活躍。

打線も17安打と圧倒し、あっさり甲子園の初勝利をもたらす。

f:id:morihiko256:20200729152909j:image

続く二回戦も、勢いそのままで、京都の代表を破る。

f:id:morihiko256:20200729153556j:image

f:id:morihiko256:20200729153453j:image

 

3回戦は、岩手代表と。序盤2点先制され、追いかける苦しい展開だったが、4番山﨑の起死回生の3ランで逆転し、初出場でベスト8進出。

f:id:morihiko256:20200730133440j:image

ベスト4をかけた準々決勝。相手は広島代表。先発は、エース大塚は連投の疲れか、先発を回避させ、2年の斎藤隆でなんとか勝ち切る。

f:id:morihiko256:20200730135733j:image

f:id:morihiko256:20200730141458j:image

そして、準決勝は、奈良代表。

f:id:morihiko256:20200730141831j:image

投手陣が相手打線を抑え込む事ができず、先制するが、あっさり逆転される。

ただ、8回裏になんとか逆転したが、総力戦となり、3年生控え投手が追いつかれ、延長10回にとうとう力尽きた。

 

県大会、甲子園を戦った感想として、

育成論は、あまり2018とは変わりませんでした。

 

やはり、3つ重視ポイントを挙げるとすれば

1.調子の安定している先発

2.内気の野手(魔物要員)

3.堅い二遊間コンビ

でしょうか。

 

他のところをもっと重視したい監督は、大勢いるとは思いますが、この3つを軽視できないはずです。

1.2は、スキルや性格なので、運要素もあります。ただ、弱小でも堅い二遊間コンビなら目指せると思います。

 

最近のアニメでいうと、ダイヤのAなら、小湊兄弟&倉持、メジャーセカンドなら、沢さん&相楽さんをイメージし、送球レベルの高い守備力高めのセカンド&ショートを育成すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

栄冠ナイン2020 6年目

山﨑武司らの三年生達で、2020の初の夏の甲子園に。

f:id:morihiko256:20200725095120j:image

特待生の三年の大洲君は、二番打者で打率3割をキープして、甲子園の地へ。

f:id:morihiko256:20200725114950j:image

同じく高松君も活躍し、中軸の三番を任せる。
f:id:morihiko256:20200730133218j:image

4番は、転生OBの山﨑武司に任せ、県大会を勝ち上がった。

期待よりも打率も低く、ホームランが少ない結果だったが。
f:id:morihiko256:20200730133030j:image

2年の斎藤隆とエースの座を争ったが、左という点と調子の安定している点から、3年生の大塚君をエースに。

特待生じゃないが、防御率3点台の素晴らしい投手へ成長する。
f:id:morihiko256:20200730133055j:image

f:id:morihiko256:20200730133115j:image

 

 

今年の特待生は、2人獲得。

徳島の守備高めの捕手 美馬君を獲得したが、サブパラが壊滅的。

リード、送球共にDでチャンスEでは、正捕手も危ういのでは?

f:id:morihiko256:20200720174303j:image

香川からは、能力値194もある右の丸亀君。野手の能力も高く、二塁手が守れるので、他のポジションも守れるようにして、投手以外でも起用していこう。

f:id:morihiko256:20200720174413j:image

転生OBは、近鉄のクローザーだった赤堀。2年秋からは、先発行けそうな気がする。

f:id:morihiko256:20200720174518j:image