やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

九年目の9月

f:id:morihiko256:20170723193546j:image

追いつくどころか、直接対決の天王山も連敗し、ズルズル失速。

f:id:morihiko256:20170723193621j:image

最終的には、9ゲームも差をつけられてしまった。巨人の強力打線を抑える事ができない試合が多く、序盤で試合が崩壊している。

f:id:morihiko256:20170723194612j:image

にしても、阪神と横浜が巨人に対して、負けすぎ。こんなに独走するのも当然の結果。

f:id:morihiko256:20170723194927j:image

改めて、今のチームを見てみると、得点と打率は6位、失点、防御率とホームランが1位という結果。

投手力は問題無いが一発に頼りがちで、打線と呼べる繋がりや連打やタイムリーが少ないチームという事だった。

来年以降は、巧打を意識した選手を獲得しよう。

 

という事で、まずは打者から

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

大嶋、土井の二人は文句なしの結果を残しているが、伊藤や村田の成績がイマイチ。一昨年獲得したアクレシオも、写真の残らない2割ちょっとの打率でシーズンを終えている。やはりスキル無しでは、無理なのか。2年目から日本の野球に慣れてくれればよいが。

 

次に、投手を振り返ると

f:id:morihiko256:20170723201357j:image

f:id:morihiko256:20170723201427j:image

金髪のエース獅子堂が10勝と現在オリックスの投手コーチの平井が38歳で39セーブが素晴らしい結果を残す。若い先発は、打たれても、そのまま投げ続けるので防御率は気にしないが、31歳ベテランの中田賢一と若いが何故かよく打たれる荒川が心配。

 

 

九年目の8月

f:id:morihiko256:20170717195216j:image

まだ、2ゲーム差。射程圏内で、まだまだ狙えます。

9月に主力の調子をピークになるように、休ませる事ができる選手は、いったん二軍調整させているのに、離されていません。

 

ドラフト関係も大した進捗は無く、諦めた木戸が逆指名で他球団に行ったぐらい。

九年目の7月

巨人に1.5ゲーム差で、食らいついています。全体的には、3強3弱のクラス分けがハッキリしてる状態。

f:id:morihiko256:20170714182936j:image

決戦は9月となりそうなので、調子の調整をしつつ、久しぶりの優勝を狙おうかと。

一方、ドラフト候補で複数のチームが名乗りを上げてきて、争奪戦になってしまい、少し悩んだが加瀬慶太の逆指名を取りました。

おそらく先発として、活躍を期待している。

 

また、阪神の捕手だった木戸克彦も見つけたが、袴田をトレードで獲得した時点で、見送り。

現在、中日のコーチをされている大学生の奈良原浩を発掘したので、本格的に調査を開始。西岡、池山の守備がイマイチなので、守備固めとして起用しようかと。

f:id:morihiko256:20170716004220j:image 

高校生の宇野勝もリストアップされてきて、果たしてどちらの選手が二巡目に残っているであろうか。

 

祝 岩瀬 月間MVP

なんでも12年ぶりだそうです。開幕時は、不安定な所もありましたが、交流戦の辺りから、完璧な投球でした。

f:id:morihiko256:20170714182306p:image

やきゅすき的には、かなり稼がせてもらったので、⭐︎4にランクアップさせてます。

f:id:morihiko256:20170714182433p:image

後半も、安定した成績を残して欲しいですね。やきゅすきから切り離しても、応援しています。

九年目の6月

まずは、順位表から

f:id:morihiko256:20170707135837j:image

巨人に抜かれ、1ゲーム差の2位でした。まだ、残り試合もたっぷりあるので、直接対決などは意識して戦いたい。

 

シーズンが半分終わったので、打者の成績確認すると

f:id:morihiko256:20170707140129j:image

f:id:morihiko256:20170707140145j:image

土井正博がハイアベレージの3割7分の打率を保ち、打点68、本塁打20という前半戦の成績。

清水の低下が始まったので、今シーズンから山倉を積極的に起用し、打つ方でもなかなかの結果を残してる。

成長期に使えなかったが、ピークが続けば、取り返せるのでないか。

 

続いて、投手は中継ぎ抑えから確認すると

f:id:morihiko256:20170707140704j:image

成長させるため、登板機会を多く与えた若きストッパー与田剛だが、制球がCの真ん中辺りで成長が止まった。7、8回のイニング頭から使っているが、 何故かよく打たれる。

平井の後継クローザーと考えているが、やや心配。

f:id:morihiko256:20170707140716j:image

先発は、相変わらず金髪のエース獅子堂が孤軍奮闘。他の投手とは、やはり能力が違いすぎるのであろうか。

若い先発の門倉や川上も、よくプチ炎上し、ゲームが作れない事が多い。

 

 

 

やきゅすき 6月の結果

寝ぼけながら、携帯を触ってしまい、ジャンプしてる所を撮り忘れました。まぁ、威張れる程の順位ではありませんが。

f:id:morihiko256:20170701115620p:imagef:id:morihiko256:20170701115754p:image

6月末の阪神三タテのおかげで、大量ポイント獲得し、強烈な末脚で追い込んだ。

その結果、全体順位は、47位、

応援チームの中日は8位に。

 

 

f:id:morihiko256:20170701115812p:image

おかげで、欲しかった7月男の報酬もゲット。⭐️3は、星2を持っているペゲーロと丸に上げて、ランクアップさせました。

星2は、ゲレーロバルデスおじさんに分けたり、調子を取り戻してきた筒香を星2にしたりして、分け与えています。

 

ただ、6月後半に追加された⭐︎3以上確定9連ガチャによる⭐︎5ランクアップコーチという報酬は、ランキングへの大きく影響を及ぼしました。⭐︎4で当てても、引き離される感じで、ズルズルと全体順位が落ちいきます。

⭐︎4や⭐︎3を複数持っていても、⭐︎5の破壊力は凄まじく、こちらも大島を上げるしかなかったです。

 f:id:morihiko256:20170703162053p:image

6月の画像はイマイチなので、デフォルト。他の選手も、これ?って感じのが多数。絵柄は大事なので、もっといい写真を採用してください。

 

さて、6月の中日ドラゴンズの獲得ポイントを振り返ります。

まずは、6月4日の交流戦2-0で勝った試合で、5851ポイントも稼いでいます。

田島⭐︎4でセーブ、三凡、無四球で、大島⭐︎4は1本のヒットでも決勝タイムリーとなりヒーローインタビューで稼ぎ、ジョーダン⭐︎3も勝利投手とQSを獲った試合でした。

f:id:morihiko256:20170703165815p:imagef:id:morihiko256:20170703170043p:image

続いて、6月11日のオリックス戦。4-0で、バルデスおじさん2勝目を上げて、3連敗を止めた試合でした。⭐︎3の先発でも1400弱稼いでいます。

f:id:morihiko256:20170703175454p:imagef:id:morihiko256:20170703175523p:image

続いて、6月13日の日ハム戦。⭐︎4のビシエドと田島の二人だけで、3500弱稼いでます。

f:id:morihiko256:20170705214634p:imagef:id:morihiko256:20170705214717p:image

交流戦も終わり、 6月28日の阪神戦。またもや、ジョーダンの試合です。大島の⭐︎5の破壊力も目立ちますが、岩瀬、又吉、田島も締めて、6451ポイントも叩き出しています。先発で結果を残している又吉を後ろで使うのは、チームの浮上には欠かせないのでしょうね。

 

f:id:morihiko256:20170705215409p:imagef:id:morihiko256:20170705215752p:image

最後に、6月29日の阪神戦。⭐︎3大野が勝った試合です。連日の岩瀬、又吉、田島のリレーで、⭐︎5の大島が活躍するという私の高ポイントの獲得パターンですね。

f:id:morihiko256:20170705224230p:imagef:id:morihiko256:20170705224016p:image

 

さて、7月はどういった結果となるでしょうか。

 

 

 

 

 

九年目の5月

 f:id:morihiko256:20170701111824j:image

 同率とはいえ、首位に返り咲きました。交流戦が上手く乗り切れたのが原因かと思われます。

 

運営の方も順調で内野の座席を拡張し、45000人入るスタジアムに。

また、企画も揃って、ファンクラブも設立されました。

f:id:morihiko256:20170701112906j:image

そんな中、1つのトレード交渉を進め、劣化が進む大友と岡本とソフトバンクで出場機会に恵まれず、不遇な26歳の袴田英利を2対1のトレード成立させた。

f:id:morihiko256:20170701112442j:image

現実ではあり得ないですが、ゲームですし、コーチにしなければ、最後にチームに貢献できるという事で。

f:id:morihiko256:20170701115029j:image

ロッテの有名な捕手という事ぐらいしか知りませんが、まずは、清水の穴を埋めて、阿部、山倉の次の捕手として補強が

できたと思います。