やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

12年目の6月

f:id:morihiko256:20180211114725j:image

交流戦も終わり、貯金は10だから、増減無し。

パリーグの強打者に打ち込まれるシーンも多かったが、負け越しだけは阻止できたようだ。

スカウトが絶好調男 中畑清を発掘してきた。将来性がある一塁手も欲しかったので、獲得競争に乗り出す。

f:id:morihiko256:20180217090557j:image

 

12年目の5月

f:id:morihiko256:20180204124820j:image

交流戦が始まったが、ガッチリ首位をキープ。貯金10は、4月に比べると3つ無くなっている。

昨年の宇野には思わなかったが、基礎能力の高い豊田泰光に新人王を獲らせたいと思い、積極的に起用。年俸は気にせず、ガンガン使っていこう。

 

スカウトが大学生のミスター赤ヘル山本浩二を発見してくれた。若い外野手もそろそろ獲っておきたい思ってたところなので、調査や面談を続行する。

f:id:morihiko256:20180206231453j:image

f:id:morihiko256:20180209232352j:image

2018年の現実のプロ野球もキャンプインしました。

応援する中日は、松坂を獲得できて、いい効果をもたらす事を期待しています。

 

12年目の4月

まずは、ドラフトで獲得したのは、まだ、縛りプレイの前に逆指名を取ったロングリリーフ持ちの服部秀一。

オールAの大学生右腕なので、成長させる楽しみはないが、即戦力なので、架空だが、せっかく獲得したので、起用していこう。

 

 2位から実名縛り。レジェンド豊田泰光を運良く獲得。

日本球界屈指の打撃力を誇る遊撃手。今なら首位打者を取れる遊撃手という点では、坂本勇人クラスなんだろうか。

f:id:morihiko256:20180113180149j:image

 3位に、テレビで比較的出演していて、よく見る金村義明。能力は、同じ高校生の豊田に比べるとCが目立つがどこまで伸びるか。

f:id:morihiko256:20180113180207j:image

代わりに、工藤公康コーチから来季から、衰えが確認される荒木をリアルよりも一足先に、引退。

また、実力とは異なり、成績がよくない中継ぎサークルチェンジの荒川、メジャーに移籍する左の中継ぎロレンソが退団した。

 

 

 パシフィックトーナメントが開催。シドニーというオーストラリアのチームと対戦。

もつれた試合だったが、サヨナラ勝ち。

f:id:morihiko256:20180113142956j:image

決勝の2戦目は、ソウルという韓国のチーム。

f:id:morihiko256:20180113143026j:image

見事、2連勝で優勝する。

f:id:morihiko256:20180113143040j:image 

f:id:morihiko256:20180119111144j:image

 その勢いのまま、4月は首位独走状態。

f:id:morihiko256:20180119111210j:image

11年目の成績と日本シリーズ回顧

打撃陣の成績

f:id:morihiko256:20180101105549j:image

f:id:morihiko256:20180101105611j:image

f:id:morihiko256:20180106092147j:image

最強のクリーンナップのスキル発動で、タイトルを総ナメしているので、全体的によく打ったシーズンかもしれない。

特に、5番を任せているセンターの大嶋がシーズン通して活躍し本塁打と打点の二冠、捕手の阿部も後半戦になっても打ちまくり、首位打者とシーズンMVPを受賞する。

 

 続いて、投手陣

f:id:morihiko256:20180103110607j:image

獅子堂、今津、川上は、勝ち星、防御率ともに優秀な成績を収めている。

f:id:morihiko256:20180103110732j:image

与田が39セーブで防御率も2点代で活躍し、カターレの守護神として立ちはだかった。

今季の成績から、荒川を自由契約にする事が決定した。

 

そして、迎えた日本シリーズ。今年はバファローズとの勝負となった。

 

 初戦は、金髪のエース獅子堂が2点で踏ん張り、ゲームを作るが9回表に河本が打ち込まれ、大事な初戦を落とす。

f:id:morihiko256:20180103114042j:image

2戦目は、シーズンはローテの一角だった門倉が先発し、バファローズ打線を完璧に押さえ込む。

f:id:morihiko256:20180103114107j:image

f:id:morihiko256:20180103114129j:image

場所を神戸に移して、第3戦。先発は、若手の加瀬を送り出し、その期待には応えたが、3番手の前田幸長が、またもや野村克也に一発を浴びた。 

f:id:morihiko256:20180103114230j:image

続く4戦。峯川が先発したが、先制点を守り切れず、逆転され敗れる。

f:id:morihiko256:20180103114247j:image

後がない第5戦。川上を先発に送り出すが、打線の援護が無く、力尽きたといった内容。

1勝4敗という結果で11年目の日本シリーズは、富山カターレはあっさりと敗退してしまった。

f:id:morihiko256:20180103114335j:image

f:id:morihiko256:20180103114352j:image

11年目の9月

f:id:morihiko256:20171230112920j:image

97勝もしたので、ぶっちぎりの一位通過でした。相手は巨人が順当に勝ち上がってきたようです。 

f:id:morihiko256:20171230112854j:image

 

初戦は、金髪のエース獅子堂が好投し、木佐貫と投げ合うが、きっちり勝利、

f:id:morihiko256:20171230113251j:image

2戦目は、東尾が初回から打たれるもののなんとか追いつくが、ロレンソが捕まり、敗れる。

f:id:morihiko256:20171230113341j:image

3戦目の先発は、今津。野間口と投げ合い、投手戦を制する。

f:id:morihiko256:20171230113448j:image

1勝のアドバンテージがあり、シーズン中の強さを出せば、CS突破という結果だった。

f:id:morihiko256:20180101110939j:image

 

 

 

 

11年目の7月、8月

破竹の快進撃を続けて、7月末でマジック16。

 f:id:morihiko256:20171202092241j:image

その勢いは、8月も続き

f:id:morihiko256:20171202092731j:image

f:id:morihiko256:20171202092752j:image

あっさり、リーグ優勝。

これは、バランス崩壊しています。さすがに、縛りプレイを始めようと思います。

とりあえず、今後は、こちらからのトレード禁止し、実在選手だけで行ってみようかと。徐々に、架空やモデル選手を入れ替えていき、ドラフトも封印しようと思います。

f:id:morihiko256:20171202102659j:image 

 

プロ野球が好きだ!2017 シーズン結果

アプリが無くなる前に、私の2017年のプロ野球を楽しませてくれた結果の写真を並べておきます

f:id:morihiko256:20171202093651p:image

 投手では、やはりセーブで稼いだ田島がトップ。年俸も上がるみたいだし、来シーズンも期待してます。

f:id:morihiko256:20171202093704p:image

ゲレーロがトップ。先日、来シーズンは、中日のユニフォームを着ない事が確定しました。仕方ありません。 

f:id:morihiko256:20171202093717p:image

 週間と月間順位をまとめたのもありました。月間4位は、嬉しかったですねー。

f:id:morihiko256:20171202093728p:image