やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

10年目 成績回顧とプレーオフ

わずか0.5ゲーム差でペナント1位。最後のヤクルトとの直接対決で2勝したのが大きかった。

f:id:morihiko256:20170918091540j:image

f:id:morihiko256:20170919102656j:image

今シーズンは、ホームランがファルコナー分、増加した感じ。200本打線は、相手投手には脅威か。

f:id:morihiko256:20170918091612j:image

f:id:morihiko256:20170918092302j:image

f:id:morihiko256:20170918092323j:image

新加入のファルコナーが3割越えで30本打ち、阿部も23本、村田も17本と好成績で終えている。

 

先発は、ローテの余裕があり、体調を重視している事から、10勝している投手はいない。 

f:id:morihiko256:20170918092800j:image

抑えは、ヒヤヒヤなピッチングが多い印象だが、結果は42セーブで防御率も2点台なので、平井の穴は見事に埋めたと言える。菊原、荒川、久本の防御率が悪いのが気になる。

f:id:morihiko256:20170918092819j:image

 

f:id:morihiko256:20170918093410j:image

えっ、5ゲームの差でアドバンテージ?

f:id:morihiko256:20170918093441j:image

あっ、プレーオフのファーストステージは、ヤクルトを破って、巨人が出てきたのね。

 

富山のホームで巨人を迎えた初戦は、金髪のエース獅子堂がきっちりと試合を作り、勝利

f:id:morihiko256:20170918093741j:image

続いて、第2戦。

初回カターレの猛攻で5点先取も、自慢の中継ぎが打ち込まれ、逆転負け。

f:id:morihiko256:20170918094013j:image

第3戦。中日からの初期メンバー朝倉をマウンドへ。今シーズン6勝2敗と好調で、プレーオフでも見事なピッチングで巨人打線を封じ込めた。

ただ、与田がまさかの乱調で、9回表で同点に追いつかれるも、ファルコナーのサヨナラ2ランで巨人とのプレーオフを制した。

f:id:morihiko256:20170918094252j:image

f:id:morihiko256:20170918094752j:image

 

 

 

10年目の8、9月

f:id:morihiko256:20170915123211j:image

あっという間に、8月が過ぎた。

首位ヤクルトと0.5ゲーム差。

おそらく最後まで接戦となるので、不調とならないように、主力も休めたのではないかと思われる。

 

結局、松岡勇二の逆指名してもらった。すでに40人なので、最低1人は引退させなければならない。

  

そして、9月。

f:id:morihiko256:20170918090609j:image 

シーズン最後の試合で一位通過をし、プレーオフでヤクルトか巨人を待ち構える。

f:id:morihiko256:20170918090842j:image

そんな中、ベネズエラの中継ぎ投手ロレンソがまさかの能力爆発。

敗戦処理や大量リードぐらいしか起用してなかったし、来季の構想から外していたのだが。

f:id:morihiko256:20170917185216j:image

もう少し日本で野球をやりたいんですね。 

 

 

プロ野球が好きだ!2017 最後のガチャ

8月のガチャは、木下を引いて、追い込み不発だったので、9月11日までやってた応援球団の星⭐️5が必ずもらえるガチャやりました。

出たのは、小熊。

f:id:morihiko256:20170916092703p:image

成績は9月16日で、3回先発したが、勝ち星なし。防御率9点台。

f:id:morihiko256:20170916092717p:image

若手で期待されているが、今年は、出番も無いかもしれない。

小熊には申し訳ないが、書く気力も失っていました。

 

 

 

 

失意のところ、運営からボーナスコインをもらえたので、ラストチャンスとも言えるガチャが更新されたので、もちろんやりました。星⭐️5ランクアップが貰えるやつです。

 

京田かゲレーロか悩みましたが、

f:id:morihiko256:20170916093342p:image

やっぱりホームランのポイント破壊力はあるので、ゲレーロに。

f:id:morihiko256:20170916093443p:image

残り20試合も無いけど、打って打って打ちまくって!

 

ついで、手持ちの星⭐️5と4は、こんな感じ。

f:id:morihiko256:20170916093736p:image

ファイターズの先発上沢とソフトバンクの中継ぎモイネロが最近、星4で仲間入りしました。もっと早い時期なら戦力として機能するのだが。

f:id:morihiko256:20170916093928p:image

いつだったか、福田を星⭐️4に上げました。

f:id:morihiko256:20170916094003p:image

外野は以前変わらないが、こうして見ると、怪我なので仕方が無いが全員二軍では意味が無い。

主力を欠いた2017年の中日のシーズンを、象徴している3枚かもしれない。

 

 

 

10年目の7月

ヤクルトとの熾烈な首位争い。ゲーム差1の2位で、貯金21。今シーズンは、3強3弱といった様相です。

f:id:morihiko256:20170910123124j:image

今年から、セリーグにもプレーオフ制度(リアルではCS)が始まったので、このゲーム内では優勝がどういう扱いになってるか、分かりませんが、とにかくリーグ1位を目指します。

打線は、以前より良くなって、アレクシオとファルコナーの助っ人外人のおかげで、勝てる試合も多く、負担が軽くなった土井、大嶋、阿部もよく打ってくれます。

 

 超高校級の一塁手 戸田涼太郎の調査を済ませたところ。

新たな社会人投手の松岡勇二を発掘し、調査を進めたら、同時期の高校生 前田幸長と比較すると、とんでもない逸材と判明。

急遽、逆指名を取るため、スカウト総出の熱烈なアプローチをし、交渉権獲得へ乗り出す。

f:id:morihiko256:20170911072858j:image

f:id:morihiko256:20170911072911j:image

ほぼ同じようなタイプだと思われるが、社会人の経験が大きいのか、レーダーチャートが明らかに大きく、スカウトのコメントも絶賛。

 

 

10年目の6月

順位は、交流戦もコツコツ貯金を貯め、知らないうちに単独首位をキープ。

f:id:morihiko256:20170905122250j:image

前半戦も終了したので、 まずは打者の打席数から成績確認。

f:id:morihiko256:20170905122310j:image

ファルコナーがきっちりと年俸通りの成績。何故か阿部慎之助が一時、4割超え打率で打ちまくっていた。また、同じくベテランの村田修一交流戦、代打などで活躍。

アレクシオも日本野球に慣れたのか、まずまずの成績を残す。

f:id:morihiko256:20170905122856j:image

村田が試合数の割には、12本。村田クラスは、能力爆発しないのかな。

 

投手の方は、新守護神 与田剛が前半だけで21セーブなら好成績。四球があり、危なかしい場面が多いが。

f:id:morihiko256:20170905122951j:image

先発は、川上と獅子堂が6勝。内容は、ずいぶん違うが、先発ローテを守り、勝ち星を重ねるのは、大切だと思う。

f:id:morihiko256:20170905123511j:image

10年目の5月

f:id:morihiko256:20170902123521j:image

同率とはいえ、貯金10の首位にいます。

 

そういえば、入院の子供をお見舞いして、その日の試合、ホームランを打つイベントが発生し、見事達成しました。

f:id:morihiko256:20170902123654j:image

入団テストで、この彼が阿部に憧れて入ってくるのだったかな。忘れないようにしないと。

 

スカウトは、ともに、高校生だが、やきゅつくでは有名な架空の一塁手の戸田涼太郎とロッテ、中日、巨人と活躍した前田幸長を発掘。調査を進める。

 f:id:morihiko256:20170903121450j:image

レーダーチャートがオール3は、もしかして超高校級?

やきゅすき 8月の結果

まずは、8月の成績。

中日の順位は13位に踏み留まりました。 全体順位は160位です。

f:id:morihiko256:20170901080501p:image

星⭐️4のビシエド、岩瀬と星⭐️5の大島が離脱している為、中日自身の打線もまとも組めないですが、私の手持ちもヤバいです。

おそらく9月は、大きく順位を落としそう。

 

 

ベストゲームの振り返り。

 12日のヤクルト戦。大島が猛打賞とホームランで大暴れし、ヒーローインタビューだったので、中日だけで、1万ポイント超え。まだ、9月が残っているが、これがシーズンベストの獲得ポイントかもしれない。

f:id:morihiko256:20170830183333p:image

星⭐️5で活躍する選手なら、やっぱり最強。中日のたった5選手しか当たって無いので、大味かもしれないが、最高獲得ポイント。

f:id:morihiko256:20170830183350p:image

続いて、8000ポイント超えの3試合。

まずは、4日の巨人戦。

f:id:morihiko256:20170830184148p:image

f:id:morihiko256:20170830184216p:image

岩瀬のメモリアルな試合なのに、岩瀬のポイントは取りこぼしています。勝利投手は無理でもヒーローインタビューには賭けておけばよかったと悔やまれた試合。

 

23日の巨人戦。

とにかく6連敗を止めてくれた大野の力投だった。ハイクオリティスタートを当てたのだが、連敗中は、ポイントよりもとにかく勝って欲しかった気持ちは、今でも鮮明に。

f:id:morihiko256:20170830184852p:image

f:id:morihiko256:20170830184910p:image

最後は、29日のDeNA戦。

中日が乱打戦に挑んで、逆転勝ちした今シーズンでは珍しい試合。

f:id:morihiko256:20170830190052p:image

f:id:morihiko256:20170830190123p:image

観に行ったら、とても楽しい試合ですよね。