やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

プロ野球が好きだ!2017 追い込み不発⁉︎

8月に投入された応援球団狙い撃ち9連ガチャで、最後に応援球団の星5か必ず排出される残りのファンコインをぶち込んで回しましたが、捕手というのもあれだが、木下って。

f:id:morihiko256:20170810145144p:image

木下は、悪くは無いですが、起死回生の星5で、中日のトップ10に返り咲きたかったのですが、もうダメです。

万策尽きました。

残りの試合数から、星4からのランクアップも苦しく、ランクアップを溜め込んでいても、シーズン終わったら、意味ないので、やけくそ?になって、手持ちカードから、活躍してくれそうな他球団の星3を量産しました。

 

まずは、セリーグから

f:id:morihiko256:20170810145425p:image

投手は、自引きか、ランキング報酬ぐらいです。やっぱり先発よりも、カミネロやカピバラ今村の抑えが稼いでいる印象。

一瞬で、ゴミカードとなってしまった山口俊をこっそり自引きしてますwwwww

9連とかチケットだったから、返品不可扱い。巨人は、どうするんだろうね。

f:id:morihiko256:20170810145444p:image

内野手。坂本の星4は、自引きでなりましたね。強運でした。マギーやロペスも、ポイントよく稼いでくれます。

阪神の糸原も稼いでくれていたのですが、怪我は残念。阿部も離脱してましたし、コンスタントに稼げていないですね。

f:id:morihiko256:20170810145459p:image

広島の丸と鈴木誠也は、文句なしの活躍。筒香も陽も夏場になって、調子を上げてきています。

 

 

パリーグ

f:id:morihiko256:20170810145535p:image

途中まで大活躍だった楽天松井裕樹の離脱が大きい。今更だが、サファテとか早期に購入しておけばよかったかもしれない。

f:id:morihiko256:20170810145551p:image

内野手。8月から茂木が戻ってきましたが、ウィーラーと銀次は、まずまず稼いでくれます。

今宮も固め打ちの猛打賞で、よく稼いでくれますね。

 

f:id:morihiko256:20170810145604p:image

外野手。

ペゲーロとは相性がよかったのですが、まさかの離脱。恐ろしい2番打者でした。

西武の秋山もよく稼いでくれて、今年はホームランも打てるような強打者になった事が大きい。

デスパイネもよくホームラン打ってくれます。レアード同じくドリームカードをホームランと打点でセットをしやすい選手ですね。

 

プロ野球が好きだ!2017 1.4バージョンアップ

7月31日に、バージョンアップされました。

 

まずは、目玉的なマイベストナイン。一応、順位はあるが、報酬無しなので、かなり残念なものに。

なお、ナインに選んでおけば、的中時50パーセントアップというスキルが発生します。

私は、これを使って全体順位を引き上げようかと思ったら、運が悪いのか、全体も応援球団の順位も下がる結果。

 f:id:morihiko256:20170803124318p:image

本当は、純粋に好きな選手を応援するというものかもしれないけど、やはり上位はそんな甘い世界ではないので、

f:id:morihiko256:20170804142405p:image

結局、中日の選手ばかりに。

全然、ベストナインじゃないが、すべては順位報酬のための手段なので、仕方ない。

 

スキルアップコーチの仕様追加。

うーん、悪くはないが、ランダムだし、今更、並ばかりをもらっても、微妙ではある。新しいスキル追加のも、スキルのパーセントアップも自分で選択式にしなかったのは、運営側の方針かもしれないが、シーズンオフには、すべて無くなるシステムなら、後半戦でそれぐらいできても、いい気がする。

f:id:morihiko256:20170804165138p:image

 

後は、新カード追加。

イニング無失点は、もっと早い段階にあっても良かった気がする。

発動スキルほとんど無いのに、盗塁のポイントアップも遅すぎる印象。

f:id:morihiko256:20170804165727p:image

 

もしかして、一番よいバージョンアップ内容は、ログインボーナスが9枚に増えた事だったりして。

f:id:morihiko256:20170804165931p:image

 

 

やきゅすき 7月の結果

かなり全体順位を落としています。というのも、7月の中日の成績が7勝15敗と非常に苦しい時期だった為です。

ドリームカードなどをすべて中日につぎ込んでいますから、当然の結果でしょう。8月こそは、中日も浮上し、私の順位も浮上して欲しいです。

f:id:morihiko256:20170801182210p:image 

 

さて、その中でも高得点の試合を振り返ると

 あのマツダスタジアムで今季初勝利となった21日の試合でした。

f:id:morihiko256:20170731210958p:image

f:id:morihiko256:20170731211239p:image

ゲレーロ2発にビシエドも3ラン、バルデス先発、田島で締めた試合なので、6416ポイントも獲得してます。

 

続いては、6日のヤクルト戦。

f:id:morihiko256:20170731211800p:image

f:id:morihiko256:20170731211848p:image

またも、バルデスおじさん先発です。大島は、2安打0打点の結果なので、マルチヒットとツーベースを当てたと思われます。

 

後は、残りの数少ない勝ちゲームで4000ポイント代がありますが、悪夢の7連敗の最初の1敗目の広島戦を取り上げます。

f:id:morihiko256:20170731212700p:image

f:id:morihiko256:20170731212716p:image

負けていても、🌟4のゲレーロ&ビシエドのアベックホームランで高得点の結果でした。

ランキング上位は、こういう試合で高ポイントを稼いでいるのでしょう。

 

にしても、将来性がある柳や小笠原が炎上しまくりとか、ヤクルトに歴史に残る逆転負けとか、ビシエド帰ってこない上に森野怪我で離脱とか、他にもいろいろありすぎて、本当に辛い7月でした。

 

8月男の報酬は、🌟3を1枚、🌟2を2枚、🌟1を4枚という結果。

f:id:morihiko256:20170801182357p:image

🌟3は、京田の切り込み隊長と右キラーというスキルのために交換。7月後半はヒットも出ない日がありましたが、苦しい夏場を乗り越え、新人王を獲得してください。

 

🌟2は、重複しているスキルばかりだったので、スキル不足だった柳田とロメロにつぎ込みました。あと、🌟1は、元々🌟3の選手にばら撒いたかな。

 

 

 

九年目のオフシーズン

まずは、昨年初戦敗退したアジアトーナメント。

f:id:morihiko256:20170723210836j:image

f:id:morihiko256:20170723210901j:image

まさかの2連勝で、初優勝。たまたまかもしれないが、今回は巨人より弱い印象。その巨人も日本シリーズで、ロッテに負けてるので、まだ上がいるというのは、いい事かもしれない。

 

あと、レギュレーション会議が開催され、ほぼすべての他球団と良好な関係を築けているので、現実と同じくクライマックスシリーズの開催の議案を提出し、満場一致の決議となった。

f:id:morihiko256:20170723211036j:image

優勝とかの可能性が上がったが、現実に近い方がいいかなと思い、実施へ。

 

コーチ陣の契約が一斉に切れたので、投手コーチ平松、トレーニングコーチの工藤、スカウトの2名は延長し、監督を中村武志、野手コーチを張本勲を起用する。

球団史上、最高金額の布陣となるので、ぜひ結果を残して欲しい。

f:id:morihiko256:20170723211333j:image

f:id:morihiko256:20170723222246j:image

野村克也だけの専用スキルかと思ったら、楽天時代に教えを請い、まさかのID野球のスキル持ちだった。

f:id:morihiko256:20170723222443j:image

日曜日の朝でお馴染みのレジェンドですが、喝のスキルは持っていないが、元祖安打製造機張本勲

打って打って打ちまくるチームに変えて欲しいと願って、コーチに依頼しました。素質はあるが、伸び悩んでる池山、

柴田勲らの若手選手を鍛え上げて欲しい。 

 

ドラフトでは、逆指名を取った加瀬慶太を獲得し、二巡目を奈良原と宇野を悩んだが、打力を期待して宇野勝を獲得。最後の一枠だが、今季39セーブの

平井の能力が低下するのを分かったため、土壇場で将来的な抑え候補として高校生の横山道哉を獲得。

その3人と入れ替わるように、清水、森野、平井と退団した。

結果的に平井は、アジアトーナメントが最後のカターレ登板だった。

f:id:morihiko256:20170729101839j:image

f:id:morihiko256:20170729101859j:image

f:id:morihiko256:20170729101916j:image

あと、オーストラリアから助っ人三塁手ファルコナーを獲得。これまた、スキル無しだが、能力のスペックは高い。さぁ、どうなるか、来季が楽しみである。

f:id:morihiko256:20170729111940j:image

 

九年目の9月

f:id:morihiko256:20170723193546j:image

追いつくどころか、直接対決の天王山も連敗し、ズルズル失速。

f:id:morihiko256:20170723193621j:image

最終的には、9ゲームも差をつけられてしまった。巨人の強力打線を抑える事ができない試合が多く、序盤で試合が崩壊している。

f:id:morihiko256:20170723194612j:image

にしても、阪神と横浜が巨人に対して、負けすぎ。こんなに独走するのも当然の結果。

f:id:morihiko256:20170723194927j:image

改めて、今のチームを見てみると、得点と打率は6位、失点、防御率とホームランが1位という結果。

投手力は問題無いが一発に頼りがちで、打線と呼べる繋がりや連打やタイムリーが少ないチームという事だった。

来年以降は、巧打を意識した選手を獲得しよう。

 

という事で、まずは打者から

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

大嶋、土井の二人は文句なしの結果を残しているが、伊藤や村田の成績がイマイチ。一昨年獲得したアクレシオも、写真の残らない2割ちょっとの打率でシーズンを終えている。やはりスキル無しでは、無理なのか。2年目から日本の野球に慣れてくれればよいが。

 

次に、投手を振り返ると

f:id:morihiko256:20170723201357j:image

f:id:morihiko256:20170723201427j:image

金髪のエース獅子堂が10勝と現在オリックスの投手コーチの平井が38歳で39セーブが素晴らしい結果を残す。若い先発は、打たれても、そのまま投げ続けるので防御率は気にしないが、31歳ベテランの中田賢一と若いが何故かよく打たれる荒川が心配。

 

 

九年目の8月

f:id:morihiko256:20170717195216j:image

まだ、2ゲーム差。射程圏内で、まだまだ狙えます。

9月に主力の調子をピークになるように、休ませる事ができる選手は、いったん二軍調整させているのに、離されていません。

 

ドラフト関係も大した進捗は無く、諦めた木戸が逆指名で他球団に行ったぐらい。

九年目の7月

巨人に1.5ゲーム差で、食らいついています。全体的には、3強3弱のクラス分けがハッキリしてる状態。

f:id:morihiko256:20170714182936j:image

決戦は9月となりそうなので、調子の調整をしつつ、久しぶりの優勝を狙おうかと。

一方、ドラフト候補で複数のチームが名乗りを上げてきて、争奪戦になってしまい、少し悩んだが加瀬慶太の逆指名を取りました。

おそらく先発として、活躍を期待している。

 

また、阪神の捕手だった木戸克彦も見つけたが、袴田をトレードで獲得した時点で、見送り。

現在、中日のコーチをされている大学生の奈良原浩を発掘したので、本格的に調査を開始。西岡、池山の守備がイマイチなので、守備固めとして起用しようかと。

f:id:morihiko256:20170716004220j:image 

高校生の宇野勝もリストアップされてきて、果たしてどちらの選手が二巡目に残っているであろうか。