やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

11年目の7月、8月

破竹の快進撃を続けて、7月末でマジック16。

 f:id:morihiko256:20171202092241j:image

その勢いは、8月も続き

f:id:morihiko256:20171202092731j:image

f:id:morihiko256:20171202092752j:image

あっさり、リーグ優勝。

これは、バランス崩壊しています。さすがに、縛りプレイを始めようと思います。

とりあえず、今後は、こちらからのトレード禁止し、実在選手だけで行ってみようかと。徐々に、架空やモデル選手を入れ替えていき、ドラフトも封印しようと思います。

f:id:morihiko256:20171202102659j:image 

 

プロ野球が好きだ!2017 シーズン結果

アプリが無くなる前に、私の2017年のプロ野球を楽しませてくれた結果の写真を並べておきます

f:id:morihiko256:20171202093651p:image

 投手では、やはりセーブで稼いだ田島がトップ。年俸も上がるみたいだし、来シーズンも期待してます。

f:id:morihiko256:20171202093704p:image

ゲレーロがトップ。先日、来シーズンは、中日のユニフォームを着ない事が確定しました。仕方ありません。 

f:id:morihiko256:20171202093717p:image

 週間と月間順位をまとめたのもありました。月間4位は、嬉しかったですねー。

f:id:morihiko256:20171202093728p:image

プロ野球が好きだ!2017 中日の各選手ランキング

日本シリーズが終わったところで、中日の2017年シーズンを振り返りながら、やきゃすきの成績を残しておきます。

 

なんといっても、今年の中日はルーキー京田の活躍ですよね。

f:id:morihiko256:20171021104821p:image

私の35000ほど稼いで、34位でした。星⭐️4にするのが、ちょっと遅かったかもしれません。

2年目のジンクスなんて関係なく、来シーズンもさらなる飛躍を期待してます。

なお、休む暇も無く、稲葉の日本代表にもセカンドとして、招集されているので、いろんな成長を期待してます!

 

2000安打を達成しましたが、やはり出場機会が減ってしまった荒木。

f:id:morihiko256:20171021105332p:image

1万弱しか稼いでいませんが、全国3位でした。個人的には、もっと出番があり、活躍して欲しいんですけど。

 

福田は、3万ポイントで33位の結果。来シーズンは、シーズン序盤からフルで活躍してください。ずいぶん後に、星⭐️4にしたぐらいですから。

f:id:morihiko256:20171021105657p:image

 

残留か別の球団か、まだ、決定はしてないゲレーロ

当初は、あまりいいイメージもなく、アッパースイングで振り回して当たったら、ホームランとタイプと思ってました。

シーズン始まったら、研究されて、まったく打てなくなるだろうという予想を覆して、シーズン通して、ホームランだけは、打ってくれました。ソローロとか揶揄されたりして、あまり決定的な一打は少ないのですが、一発でも点数が入るのは、途中から主力を欠いた中日の打線だと、どうしても必要な存在でしたね。

f:id:morihiko256:20171021110244p:image

7万ぐらい稼いで、16位でした。

 

開幕から安打を稼いで、8月末に怪我で離脱してしまいましたが、好成績を残した大島。京田の1番固定となりそうなので、今後は三番打者としてチャンスに強い打点を稼ぐ選手になって欲しいです。

 5万5000ほど稼いで、6位でした。

f:id:morihiko256:20171021110302p:image

残りは、画像だけ保管。

気が向いたら、加筆します。

 

 

ビシエド

f:id:morihiko256:20171021110326p:image

平田。

f:id:morihiko256:20171021110351p:image

 

続いて、投手。

 

f:id:morihiko256:20171021110411p:image

f:id:morihiko256:20171021110601p:image

f:id:morihiko256:20171021110632p:image

f:id:morihiko256:20171021110656p:image

f:id:morihiko256:20171021110717p:image

 

 

プロ野球が好きだ!2017 10月まで

中日のシーズン最終戦が甲子園で開催され、終了しました。

f:id:morihiko256:20171014091049p:image

9月から10月10日までの変則な日程となった結果は、23位でフィニッシュ。シーズンポイントによる年間順位は、8位と素晴らしい成績じゃないでしょうか?

f:id:morihiko256:20171014091102p:image

獲得ポイントを見てみると、10万超えなのでしたが、これでも23位なんですね。星の差だと思うのですが、残念な結果です。

 

なお、チーム状態も悪く、ベストゲームが少ないのですが、レアリティを上げたので、獲得ポイントの多い試合は増えています。

 

メンドーサの移籍直後の9月3日の阪神戦。9000超えです。田島とゲレーロのホームランで稼いでいます。

f:id:morihiko256:20171014093056p:imagef:id:morihiko256:20171014093410p:image 

9月20日のヤクルト戦。大野が好投した試合だったのですが、ポイントでは、やはり、ゲレーロと福田の一発で稼いでいます。

f:id:morihiko256:20171014093709p:imagef:id:morihiko256:20171014094110p:image

 

あとは、 田島の松本での悪夢となった試合

f:id:morihiko256:20171014094659p:imagef:id:morihiko256:20171014094817p:image

 なぜかシーズン序盤から登板できなかった山井の2勝目を挙げた試合

f:id:morihiko256:20171014095217p:imagef:id:morihiko256:20171014095234p:image 

 ヤクルトのおかげで、ポイント取れてる気が。

f:id:morihiko256:20171014095448p:imagef:id:morihiko256:20171014095555p:image

 笠原が先発して、プロ初勝利した巨人戦

f:id:morihiko256:20171014095721p:imagef:id:morihiko256:20171014095843p:image

 

 

 

 

11年目の5、6月

f:id:morihiko256:20171004181058j:image

貯金11から19に増やし、交流戦が始まりましたが、順調に勝ち星を積み上げています。

f:id:morihiko256:20171014090505j:image

6月となり、交流戦も快進撃を続け、6月でマジック点灯。うーん、若手を起用しているが、総入れ替えをしている訳でも無いので、勝ててしまう。

このままだと、モチベが保てなくなりそうだが、コツコツと進めていこう。

あと、そろそろ縛りプレイも検討しなくちゃならないかもしれない。

 

11年目の4月

f:id:morihiko256:20170927213905j:image

かつてないぐらいのロケットスタートです。

新加入のガルシアのおかげて、大砲スキル持ちが3人になり、「最強のクリーンナップ」のチームスキルを取得。

f:id:morihiko256:20170927214021j:image

f:id:morihiko256:20170927214033j:image

全員の巧打と長打力が上がり、立山連峰打線が爆発する事が多く、負けが少なかったと思われる。

 

このチーム状態がいい時こそ、積極的に若手を起用していこう。投手は、一軍にいれば、それなりに機会に恵まれるが、野手は難しいので。

 

捕手は、阿部慎之助は37歳の成熟期、山倉和博が31歳の成熟期だが、トレードで獲得した28歳の袴田英利がまずまずの成長期、高校生ルーキーの中嶋聡がいるので、打力は落ちるが、我慢しつつ起用しておこう。

ショートは、40歳の井端が成熟期で、西岡が31歳の伸び盛り(でも、ほぼカンスト)、2年目の宇野勝を出来るだけ使おう。

セカンドは、38歳の荒木も成熟期で健在で、27歳の高木守道が日々成長で、併用できている。

ファーストは、31歳の石井浩郎カンストしてるので、伸び盛りの人見、浅井樹を起用していくが、ちょっと物足りないポジションかもしれない。

サードは、ファルコナーと35歳の成熟期の村田修一なのでコンバートした25歳の池山隆寛をドンドン使っていきたい。

10年目の日本シリーズと来季の構想

パリーグのCSは、順調にファイターズが勝ち上がってきて、札幌に乗り込んだ初戦。

プレーオフでは登板していなかった川上が先発したが、初回から大炎上。

しかも、ダルビッシュの前に、立山連峰打線が沈黙。

f:id:morihiko256:20170918095034j:image

第2戦は、ボタンを押して、結果を撮り損ねたが、今津(伊良部)がゲームを作って、打線も援護し、敵地で大きな1勝。 

f:id:morihiko256:20170918095236j:image

 富山に戻ってきての第3戦。峯川(皆川)が1点で抑えて試合を作るものの、なかなか追い付く事ができなかったが、中盤で鮮やかな逆転勝ち。

省エネ投球で8回まで投げ切り、圧巻のピッチングだった。

f:id:morihiko256:20170918095330j:image

 調子が良かった門倉を第4戦の先発に送り出す。シーズン中は、よく打ち込まれるシーンが多かったが、この日はシーズンベストと投球内容。

打線も爆発し、最後は、育成中の横山を投入できるぐらい余裕な試合だった。

f:id:morihiko256:20170918095401j:image

そして、第5戦。なかなか本調子じゃない金髪のエース獅子堂が登板できないので、プレーオフで好投した朝倉をマウンドへ。 

f:id:morihiko256:20170918095417j:image

試合は同点のまま、10回裏へ。

阿部が富山スタジアムの満員のスタンドにサヨナラホームランをぶち込んで、再び日本一に。 

f:id:morihiko256:20170918095915j:image

 

さて、シーズン戦った選手はお疲れ様だが、ドラフトで戦力の入れ替えをしないといけない。

まずは、逆指名で中継ぎ投手が補強されるので、年齢的と今シーズンの成績から久本を自由契約に。

晩年は守備固め要員だった英智も、スタメンの外野手(土井、大嶋、伊藤)が守れるようになってきたので、構想外に。

また、土橋勝征が晩成なのか、巧打の伸びも悪く、守備系のあちこちパラがカンストしていて、思った程ではないので今シーズンで解雇。

さらに、アレクシオが来期、衰えが出始めると工藤公康トレーナーからのレポートがあり、急遽スカウトを海外に派遣し、ドラフトに望む。

 

松岡勇二の指名後、社会人捕手の杉本春雄が余っていれば、2位指名のつもりだったが、そんなに甘くはなく、あっさり他球団へ。 

f:id:morihiko256:20170919130037j:image

 で、スカウトの注目度は高かったのに、指名されていなかった前田幸長を獲得。3位指名を悩んだが、

f:id:morihiko256:20170919130332j:image

阪急や日ハムなどで活躍した高校生の中嶋聡を獲得。好リードのスキル持ちだし、杉本の代わりにというのはアレだが、将来性のある捕手を取れたのではなかろうか。

 

アレクシオの代役で見つけてきた外野手中にガルシアという実在グラの選手を発見。

f:id:morihiko256:20170919131046j:image

守備もまずまずだし、大砲のスキル持ちだった。

8000万ぐらいの年俸だったので、典型的な外国人のホームランバッターの予感で獲得。

改めて調べてみると、メジャーリーガーだし、日本は2シーズンだったけど、韓国に渡って、打ちまくったみたいだし、WBCのメキシコ代表だし、カターレ初のメジャーリーガーと思えば、素晴らしい選手ではなかろうか。