野球好きのゲーム日記

パワプロ2018栄冠ナインやペナントの監督モードとPS2やきゅつく3の日記を書いていきます

パワプロ2018 ペナント監督モード 日本シリーズ

日本シリーズの相手は、リアルの2018と同じく、ソフトバンクが相手。

初戦は、無敗の小熊が先発し、千賀との投げ合いを制して、大事な初戦を獲る。

f:id:morihiko256:20181208115618j:image

二戦目は、2018シーズンでは活躍しなかった大野雄大や田島が完璧にソフトバンク打線を封じ込める。

f:id:morihiko256:20181208115632j:image

3戦目は、エース吉見が続いて、好投するが、9回に交代した又吉が捕まり、サヨナラ負け。

f:id:morihiko256:20181208115644j:image

4戦目は、松坂がソロホームランを3発浴び、打線の援護が無いまま敗れる。

これで、2連勝後の2連敗。

f:id:morihiko256:20181208115702j:image

5戦目は、ベテラン山井が序盤の打線の援護もあって、見事なピッチング。

モヤが2ホーマー5打点と大活躍。

f:id:morihiko256:20181208115723j:image

王手をかけて、先発を悩んだが、来季は契約しないジーを送り出して、きっちり勝利。

f:id:morihiko256:20181208115734j:image

まぁ、やきゅつくのように、何年もやらないけど、初年度からシリーズ制覇はモチベを保てるか心配。

f:id:morihiko256:20181208115753j:image

パワプロ2018 ペナント監督モード10月

クライマックスシリーズのファーストステージでは、神宮で2位のヤクルトと対戦。

強竜打線?が由規に襲いかかり、13安打の11得点で初戦を勝利。

シーズン無敗の7勝の小熊がきっちりとヤクルト打線も抑えたのも大きい。

f:id:morihiko256:20181127075419j:image

柳が先発。シーズンは、ローテを守って、防御率2点台で6勝の成績だったが、いきなり山田に一発を浴びるが、その後は、立ち直る。

京田の先頭打者ホームランやビシエドの2ランの一発攻勢でファーストステージを勝ち上がった。

f:id:morihiko256:20181127075435j:image

2連勝でセカンドステージに進出。

f:id:morihiko256:20181127075530j:image

広島との初戦。1勝のアドバンテージがあるので、ファーストステージ連勝の勢いで初戦を獲りたかったが、シーズン首位だった広島の一発攻勢で敗れた。

打線もビシエドのソロのみで薮田に完璧に抑え込まれる。

f:id:morihiko256:20181127075605j:image

2戦目は、エース吉見が先発。シーズン中と同じく、完璧な投球。

田島が野間に2ランを浴びて、最後は危なかったが、ギリギリ逃げ切る。

f:id:morihiko256:20181127075636j:image

3戦目は、松坂が先発。3回裏に集中打を浴びて、1失点したが、それ以外は完璧な投球。

ただ、打線の援護無く、敗れる。アドバンテージを含めると3敗となり、広島の王手がかけられた。

f:id:morihiko256:20181127075648j:image

4戦目は、小熊が先発。先制点は取られたが、7回に味方が逆転し、

シーズンもポストシーズンも無敗の素晴らしい結果となった。

最後は、引退を決めている浅尾が全盛期と同じくきっちりと締めた。

f:id:morihiko256:20181127075659j:image

5戦目は、小笠原。シーズンは防御率4点台で、3勝7敗の負け越しという結果だったが、ここは踏ん張った。

ここで3勝3敗とし、イーブンに。

f:id:morihiko256:20181201180333j:image

迎えた最終決戦の6戦目。柳が先発。ヤクルト相手でも好投したが、ここも完璧なピッチング。

終戦までもつれたが、見事に3位からの下克上を成し遂げた。

f:id:morihiko256:20181201180406j:image

f:id:morihiko256:20181201180435j:image

f:id:morihiko256:20181201180456j:image

 

 

パワプロ2018 ペナント監督モード9月

何とか3位を守り切り、クライマックスに進出を決めた。

f:id:morihiko256:20181126213907j:image

f:id:morihiko256:20181127081429j:image

2018シーズン  投手成績

吉見が11勝でトップの成績。吉見以外は、規定投球回数に到達していないし、二桁勝利をしていない。まだまだ、投手王国復活には程遠い。

f:id:morihiko256:20181127081524j:image

f:id:morihiko256:20181127081546j:image

リリーフの成績を振り返ると、田島が29セーブ。ホールドポイントは、ルーキーの鈴木博志と又吉で分け合う結果に。

f:id:morihiko256:20181127081611j:image

 

2018シーズン野手成績

ビシエドは、首位打者と安打数で二冠。

平田も好成績だったので、リアルの2018と同じような結果に。

f:id:morihiko256:20181127081750j:image

本塁打がちょっと少なめなので、これもリアルと同じか。大砲を獲得したいところ。

f:id:morihiko256:20181127081829j:image

 

 

 

パワプロ2018 ペナント 監督モード8月

eスポーツとして、パワプロ・プロリーグが毎週開催されていたり、テレビ番組の「有吉ぃぃeeeee!」でも取り上げられると、購入してよかったと思います。

世の中に、ペナントの監督試合をプレイしている人もどれだけいるか、わかりませんが。

f:id:morihiko256:20181125130209j:image

なんとか3位に食らいついていますが、上位チームとの対決では、ヤクルトの小川やブキャナンに苦しめられ、広島の打線にはボコボコにされてしまいます。

 

一時は惜しいところまでいけたが、リアルで成し得なかったCSに進出を目指します。プレイヤー側でコンディションを整える事ができたら、いいんですけど(アイテムでノリノリにできるのはありますが、調整というのがありません)

パワプロ2018 ペナント監督モード7月

7月は、貯金11の3位。ヤクルトと広島が強すぎて、勝てません。

先発が早々に降板させられ、後ろの投手に負担をかけるとか、勝ちゲームに投げる投手まで投入とかを味わえます。

監督試合の楽しむところは、この交代や起用方針に尽きると思います。

f:id:morihiko256:20181118232250j:image

エース吉見が9勝を挙げ、防御率も1点台をキープ。素晴らしいの一言。

f:id:morihiko256:20181118232429j:image

抑えも、田島が25セーブの2点台の防御率、2017年ドラ1鈴木博志が14ホールドで1点台と素晴らしい成績。

岩瀬や祖父江も好成績なので、キープして欲しい。

f:id:morihiko256:20181118232450j:image

野手の方は、規定打席に達している選手も増えてきた。

疲労を溜めない程度に使っていこう。やきゅつくのように、アホみたいに年俸に跳ね返ってきたら、来年から考えるが、とりあえずポイントには苦労しそうも無さそうなので、この方針で進めていく。

f:id:morihiko256:20181118232503j:image

パワプロ2018 ペナント 監督モード6月

2018年のリアルの日本シリーズは、シーズン中、あれほど強い広島相手でも、ソフトバンクの圧勝だった。甲斐キャノンも怖いが、選手層の厚さは恐怖しか感じなかった。

その後、すぐに日米野球が開催されたが、佐藤や笠原が活躍した最終戦の地上波の放送無しという仕打ち。他は、BSのリレー放送とか、ちゃんと最後まで放送してくれた日もあったのに!

確かに、興味が無い人達には、ダラダラと6戦もやってたけども。

 

という事で、リアルの試合観戦も無くなり、ゲームが進みます。まず、交流戦もあった6月は、貯金7の3位で終える。

どうやらおまかせ指示にすると、まずまず点数を取られず、抑えられるようだ。たまに、連打を浴びる事もあるが、その辺りは、栄冠ナインと同じかもしれない。

そして、パラメータ通りに打たない選手もチラホラ。ここも同じプログラムなのか、似ている。

f:id:morihiko256:20181118105307j:image

交流戦も5位で終える。ゲーム内のドラフトに影響するのかしないのか、微妙。

f:id:morihiko256:20181118105317j:image

何人かの選手が劣化し始めているのが気になるが、若手でも試合に使うと成長もするので、監督の立場を味わえるような気がする。

2018年のリアルでは、岩瀬、荒木、浅尾の星野や落合中日を支えた選手達が引退するので、ここは既定路線としよう。

リアルで戦力外通告となっている選手は、悩み中。

ゲーム内のドラフト次第と根尾とかリアルのドラフトの選手は、他ユーザー作成から吟味してダウンロードする予定なので。

なお、トレードは封印しているが、リアルでは撤退したオリの西がFAで出てきたら、参戦するかも。

パワプロ2018 ペナント 監督モード5月

順位は、交流戦も始まったが、3位に浮上して、まずまずの5月を終えた。

まずは、先発投手の成績から振り返ると、先日F A宣言せずに、残留を決めた吉見が無双状態で防御率1点代で7勝もしている。

リアルの2018シーズンは、なかなか打線の援護に恵まれなかったが、ゲーム内でエースとして存在している。

また、リアルでは、まったく活躍せずに、帰国した新外国人のジーに、登板機会を与え、今のところローテを守っている。

f:id:morihiko256:20181110124544j:image

次はリリーフ陣。

勝ち試合は、祖父江、又吉で7回まで繋ぎ、鈴木、岩瀬で8回、クローザーの田島で締めている。

f:id:morihiko256:20181110124643j:image

 

野手は、平田が4割を超えるハイアベレージ。高橋周平や亀澤も好成績。

ただ、ビシエドの対左投手がBに下がったり、大島の選球眼のスキルが無くなったりと心配な点も出てきている。

f:id:morihiko256:20181110124832j:image