ゲーム好きおっさんの日記

小学生の頃、初めてゲームに触れてから、ずっとゲームを続けてるおっさんのブログ

栄冠ナイン2020 8年目

8年目の夏は、県大会準優勝。

決勝も接戦で争ったが、見出しの通り2年で4番に抜擢した小久保で打てなかった。

ただ、それまでの試合では、結果も残したので、秋大会や来年に期待しよう。

 

3年生の香川の特待生 丸亀と赤堀の2人で勝ち上がっていったが、力及ばずという結果に。

捕手は、結局、徳島の特待生 3年生の美馬で望んだ。

f:id:morihiko256:20200809072629j:image

 

今年の特待生は、去年の失敗を取り返す為、天才の投手に会ったが、感触が悪いので、色んな所に、声をかけた。

1番の期待は、高知の渋いバッティングをする宿毛君。左には弱いが、チャンスCでリードD送球Cなら、期待はできそう。

f:id:morihiko256:20200809073901j:image

ただ、他の2人はガッカリした結果。

香川の坂出君と地元枠の今治君。リストアップされた選手もあまり良くなかった年だったと思う。

f:id:morihiko256:20200809074237j:image

f:id:morihiko256:20200809074252j:image

転生OBは、北川博俊。いくらノムさんに冷遇されたからといって、ちょっと同情してしまうが、同期に宿毛君が来たので、大人しく内野になると思う。

代打スキル持ちなので、下級生でのベンチ入り選手として、一年からの活躍を期待。

f:id:morihiko256:20200809075312j:image

 

 

栄冠ナイン2020 7年目 

昨年の甲子園初出場でベスト4に残って、強豪校の仲間入り。

一つ下の世代は、斎藤隆、室戸の両投手以外は、スカウトの失敗した年でもあって、野手陣が小粒すぎた。秋も地区大会にも出れず、3年となった夏の県大会も2回戦で惜敗してしまう。

 

前バージョンなら、間違いなく、強豪校から転落するところ、2020版ではなんとか耐えた(秋季大会2回戦負けで、結局、この年に中堅落ち)

f:id:morihiko256:20200803090706j:image

 

スカウトの方は、前年の結果ではあるが、全国大会優勝、キャプテンという肩書に、能力値も高そうな地元愛媛の夏目君に惚れ込んでしまった。

感触が悪いのに、すべての機会に訪問し、ようやく口説き落としたのだが、入学式で見事に裏切れられる。

チャンスG、送球Eで、その他のサブパラも壊滅的。監督、言葉を失う。とりあえず、外野に回ってもらう。

f:id:morihiko256:20200803091517j:image

ただ、転生OBに小久保が来てくれた。マイナスの赤色もなく、素晴らしい。

f:id:morihiko256:20200803092343j:image

小久保1人で勝てないとは思うが、この世代も厳しいか。

栄冠ナイン 6年目の夏の甲子園

初戦の一回戦は、鳥取代表と。

f:id:morihiko256:20200729152603j:image 

この日、先制3ランを放った切り込み隊長の油井君(写真は、県大会終了時点)は、紙面を飾るほどの大活躍。

打線も17安打と圧倒し、あっさり甲子園の初勝利をもたらす。

f:id:morihiko256:20200729152909j:image

続く二回戦も、勢いそのままで、京都の代表を破る。

f:id:morihiko256:20200729153556j:image

f:id:morihiko256:20200729153453j:image

 

3回戦は、岩手代表と。序盤2点先制され、追いかける苦しい展開だったが、4番山﨑の起死回生の3ランで逆転し、初出場でベスト8進出。

f:id:morihiko256:20200730133440j:image

ベスト4をかけた準々決勝。相手は広島代表。先発は、エース大塚は連投の疲れか、先発を回避させ、2年の斎藤隆でなんとか勝ち切る。

f:id:morihiko256:20200730135733j:image

f:id:morihiko256:20200730141458j:image

そして、準決勝は、奈良代表。

f:id:morihiko256:20200730141831j:image

投手陣が相手打線を抑え込む事ができず、先制するが、あっさり逆転される。

ただ、8回裏になんとか逆転したが、総力戦となり、3年生控え投手が追いつかれ、延長10回にとうとう力尽きた。

 

県大会、甲子園を戦った感想として、

育成論は、あまり2018とは変わりませんでした。

 

やはり、3つ重視ポイントを挙げるとすれば

1.調子の安定している先発

2.内気の野手(魔物要員)

3.堅い二遊間コンビ

でしょうか。

 

他のところをもっと重視したい監督は、大勢いるとは思いますが、この3つを軽視できないはずです。

1.2は、スキルや性格なので、運要素もあります。ただ、弱小でも堅い二遊間コンビなら目指せると思います。

 

最近のアニメでいうと、ダイヤのAなら、小湊兄弟&倉持、メジャーセカンドなら、沢さん&相楽さんをイメージし、送球レベルの高い守備力高めのセカンド&ショートを育成すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

栄冠ナイン2020 6年目

山﨑武司らの三年生達で、2020の初の夏の甲子園に。

f:id:morihiko256:20200725095120j:image

特待生の三年の大洲君は、二番打者で打率3割をキープして、甲子園の地へ。

f:id:morihiko256:20200725114950j:image

同じく高松君も活躍し、中軸の三番を任せる。
f:id:morihiko256:20200730133218j:image

4番は、転生OBの山﨑武司に任せ、県大会を勝ち上がった。

期待よりも打率も低く、ホームランが少ない結果だったが。
f:id:morihiko256:20200730133030j:image

2年の斎藤隆とエースの座を争ったが、左という点と調子の安定している点から、3年生の大塚君をエースに。

特待生じゃないが、防御率3点台の素晴らしい投手へ成長する。
f:id:morihiko256:20200730133055j:image

f:id:morihiko256:20200730133115j:image

 

 

今年の特待生は、2人獲得。

徳島の守備高めの捕手 美馬君を獲得したが、サブパラが壊滅的。

リード、送球共にDでチャンスEでは、正捕手も危ういのでは?

f:id:morihiko256:20200720174303j:image

香川からは、能力値194もある右の丸亀君。野手の能力も高く、二塁手が守れるので、他のポジションも守れるようにして、投手以外でも起用していこう。

f:id:morihiko256:20200720174413j:image

転生OBは、近鉄のクローザーだった赤堀。2年秋からは、先発行けそうな気がする。

f:id:morihiko256:20200720174518j:image

 

栄冠ナイン2020 5年目

風岡世代の三年生の夏は、決勝で先発阿南君が満塁弾を浴びて、甲子園初出場ならず。

f:id:morihiko256:20200717200624j:image

 

準優勝だったが、少しずつ、強いチームになっていく感じ、そして、止めるタイミングがなかなか無くなる感じ、この辺りがゲームとして、一番楽しい時期かもしれません。

 

 

 

この年の新入生は、スカウトが上手くいかず、有望な2人とも断られた。

1人だけのスカウト成功したのは、高知の室戸君。マウンドで雄叫びをあげる闘志あふれるピッチングに期待。

f:id:morihiko256:20200717160234j:image

転生OBの斎藤隆がわざわざ宮城から来てくれた。

高校生の頃は、投手じゃなかったらしく、それでも、愛媛でメジャーリーガーの片鱗を見せるか。

f:id:morihiko256:20200717160643j:image

栄冠ナイン2020 4年目

松山世代は、夏は昨年と同じくベスト4。

打てるバッターも揃っていたが、まだ、甲子園には届かず。

f:id:morihiko256:20200716130615j:image

 

 

新入スカウトは、地元からチャンスメイクが出来そうな200超えの三塁手 大洲君が入部してくれた。

f:id:morihiko256:20200716153649j:image

香川からチャンスに強いクリーンナップを任せる事ができる高松君も入部。

f:id:morihiko256:20200716153929j:image

そして、中日ファン楽天ファンなら、ご存知の山﨑武司。彼も風岡君と同じく、愛知県から。

f:id:morihiko256:20200716170004j:image

彼らがニ年、三年生になったら、300超えはしていると思うし、かなりの打線は組めるかもしれない。

 

 

栄冠ナイン2020 3年目

池山世代の活躍で中堅校に格上げされ、カードが増えるのも嬉しいのですが、

f:id:morihiko256:20200715091632j:image

スカウトできる範囲が愛媛で始めたので、中四国まで一気に広がりました。

リストアップされているポジションの人数を見て、訪問できますので、まずは、欲しいポジションの所を訪問でしょうか。

 

選手のレベルにもよるかもしれませんが、印象が悪くても入ってきますね。どこにも声かけてもらえなかったので、仕方なくかもしれませんが。

 

高知の外野手 安芸君は、好印象で来てくれましたが、初期値200超えで内気。彼は、かなりの逸材ではないでしょうか。

f:id:morihiko256:20200715093722j:image

もう1人、徳島から引っ張ってきた投手も内気なのですが、能力は悪くは無いので、アイテムドーピングで増強し、なんとかエースに育成したい。

f:id:morihiko256:20200715093925j:image

現在オリックスコーチの風岡尚幸君が愛知から越境入学してきた。

ただ、数値でスルーしてしまって、後から言われて、転生OBと気付く(笑

f:id:morihiko256:20200715094331j:image

 

2020で、一年生から育てた池山世代の夏は、初のベスト4。中堅校へと引き上げてくらた彼らに感謝。

f:id:morihiko256:20200715091151j:image

今回の栄冠は、ホームランが出やすくなったので、当然、相手のバッターにも出やすい。

強敵相手では、魔物スキルも必須だが、チームとしての投手力向上が甲子園には必要かと思われる。