読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

やきゅすき 一回裏

今回は、レアリティの事を書きます。

 

まずは、⭐️1。画像の背景は、黒で地味です。スキルは、1つしかセットできませんし、ドリームカードと呼ばれる予想も1つしか賭けれません。

最大レベルは、10なので、1.2倍が最高です。(DPは、運営側の倍率)予想が当たれば、上がりますし、微量なアップ率なので、無理してレベルアップのコーチカードを使わなくてもいいと思います。

f:id:morihiko256:20170427111645p:image

 

⭐️2は、画像の背景がブロンズの銅色になります。ドリームカードは、一枚しか賭けれませんが、スキルは2つセットできる事が最大の特徴で、⭐️2はマーケットでも安く手に入りますが、手持ちの⭐️1に⭐️1を2枚強化するだけで、付け替えできる自分好みの3つスキル持ちの⭐️2を作る事ができます。

なお、最大レベルは、20となり、1.5倍の掛け率になります。

f:id:morihiko256:20170427111717p:image

 

⭐️3は、背景が銀色のシルバーになります。ドリームカードも2枚掛ける事ができ、スキルも3つセットできます。

⭐️2から⭐️3へレアリティを上げるのは、⭐️2だけなら14枚も必要で⭐️1だけだと28枚必要です。報酬などでランクアップコーチのカードを手に入れるか、オフィシャルで買うのが無難でしょうか。

まぁ、プレイスタイルにもよりますが、ペナントは長いので、同じリーグガチャとか、コツコツとファンマーケットで集めてもいいかもしれません。

その苦労もあるのか、最大レベル30で倍率は2倍あります。

f:id:morihiko256:20170427111735p:image

 

⭐️4は、ドリームカード3枚掛けでき、倍率も3倍と破格です。さすが背景が金色の派手なだけの事はあります。

間違いなく、高ポイント獲得するための主力のなるでしょう。

スキルも4つセットできます。⭐️3を⭐️4にするには、カードを重ねる方法は、かなりの枚数が必要なので、ランクアップコーチのカード一択でしょう。

f:id:morihiko256:20170427111754p:image

やきゅすき 一回表

1ヶ月やってみたので、いろいろまとめたいですが、攻略サイトなんて作れないので、落書き程度に思った事を書き記します。

 

4月の途中に、他球団は順位の表示はされるものの、単独の報酬は無くなるという仕様変更で、これにより、手持ちの戦力によっては、戦略の見直しが必要かもしれません。

今は、応援球団と全体の成績で、それぞれ報酬がもらえます。両方取れれば越した事はありませんが、序盤は、応援球団のポイント獲得量アップがいいかと思います。

もちろん、ガチャとかで他球団の有力選手を獲得できていれば、そっちを優先してもいいですが、全体の順位を上げるのは、ライバルも全体となり、大変かと。

茂木、今宮、秋山といったマルチヒット、猛打賞を狙える一番打者、ペゲーロ、デスパイネのようなホームランバッターは、あっても困らない存在です。

 

自軍の貰えた⭐️4の二人は、⭐️5にするのは相当大変なので、予想のカードをセットとスキル選択程度で。

まずは、出番が多い自軍の⭐️1の打てるスタメン、登板機会が多い中継ぎ、抑えをマーケットで使えそうなスキルを持つ(同じのであればパーセントアップ)⭐️1を2つ買い求め、さっさと⭐️2にして、スキル2つのレベル20して、ポイント獲得を増やした方がいいと思います。

 

人気や実力のある選手は、なかなかファンマーケットには出品されないので、ファンコインがあれば、オフィシャルで一気に⭐️3を買って強化しちゃう(手持ちの⭐️1が吸収されます。スキルとか残ります。)のが、いいかもしれません。

f:id:morihiko256:20170426152554p:image

まずは、打者ならホームラン200P、猛打賞300P、中継ぎ抑えなら、ホールド200P、セーブ300Pを狙って獲りたいところです。

 

なお、ローテ入りしてる先発は、大半が中6日や中5日なので、少しレアリティを上げる優先度落としてもいいかと。

巨人の菅野のようなエースや好きな先発投手がいれば、もちろん、アップさせるべきですが、それでも獲得できる勝利投手は300Pですし、1ヶ月に3、4つ勝つのが限界だと思います。

先発には、完封勝利2000Pとかありますが、とにかく出番が多い選手のレアリティを上げる方が序盤はいいと思います。

 f:id:morihiko256:20170426152906p:image

 

 

 

 

 

 

やきゅすき プレイボール!

確かサービス開始の二日目ぐらいに始めて、オープン戦の途中でした。それから、約1ヶ月ぐらい楽しく野球観戦してます。

 

ゲームを始めたら応援球団を選ぶのですが、もちろん中日にしました。

(他のチームの選手も予想し、ポイントを獲得できるのですが、4月の途中で仕様が変わり、全体の順位を引き上げるだけとなりました。この辺りは、また、後日書きます)

 

なお、応援球団だけは、二軍や支配下選手の全選手をもらえます。中には知らない選手もチラホラ。

こういったゲームで、いわゆる最初にもらえたレアは、私は、田島と平田の⭐️4でした。

たぶん、今の中日では申し分ないでしょう。

 f:id:morihiko256:20170424204123p:image

⭐️4だとレベル40が上限です。レベル40だと3倍ですが、少しでも上げると予想を当てた時に獲得するポイントが多く、星には関係なく、そのレアリティの最大レベルまで上げると新たなスキルを覚えます。あんまりいいスキル持ちじゃなければ、さっさとカンストさせてもいいかもしれません。なお、DP倍率は、運営側の倍率です。実績とか前年度の成績が関係していると思われます。

 

 スキルは、常時発動系と一定の条件での発動系があり、後者はポイントを多く得られますが、当たる確率は下がります。

スキルは、重複の発動します(4/27訂正。並と上といった同じスキルは未確認)。常時発動系は、何か一つは付けて、残りは大きいのを狙うのがいいかもしれません。

オススメの常時発動系は、上位(下位)打線や打線の主役、ホームゲームの大声援、ビジターの負けん気、これらが無い場合でも、土日限定ですがデーゲームもいいかもしれません。

 

スキル狙いで、自球団の選手を強化や好きな他球団の選手を獲得するのであれば、この辺りは押さえておきたいですね。

まぁ、ファンマーケットと呼ばれるところに、他ユーザーが手放した選手が並びますが、まず人気選手は難しいでしょうし、あっても常時発動系のスキル持ちはかなり確率が低いのではないでしょうか。

f:id:morihiko256:20170424204103p:image

その選手で当てまくると、ボーナスがもらえるようですが、田島と平田は、すでに達成していました。

 

 

 

八年目の4月

現実のプロ野球も開幕しました。今年は、より楽しめるスマホアプリがあり、今まで以上にプロ野球観戦が楽しめています。

それは、「プロ野球が好きだ!2017」というスクエニから出てるアプリで、ドラクエで有名な藤澤仁さんが製作に携わっているようです。

このアプリは、一言で言うと、現実のプロ野球の選手の結果(ヒットとか奪三振)を予想し、全国のユーザーと争うものです。

いい意味でゲームっぽくなく、非常にテレビ観戦するのが楽しくなります。

また、応援するチームが負けていても、変わった投手や代打にも予想しているので、以前は、テレビを切ってしまう試合も最後まで観ている時があるくらい楽しめています。ほんと、野球観戦やプロ野球が好きなら、オススメですよ。

f:id:morihiko256:20170422102856p:image

今のところのシーズンベストがこのスクショになります。

ちょっと、楽しすぎなので、ブログも半々の内容にしようかなと思ってるほどです。

 

さて、やきゅすきからやきゅつく3に話を戻しますが、今年は開幕ダッシュと言える4月でした。7つの貯金があり、首位なので、奮発したアリゾナキャンプの効果かもしれません。

f:id:morihiko256:20170423005155j:image 

もう少し打ってくれると思ったアレクシオは誤算ですが、川上も途中からローテ入りして、3回登板し2勝してます。

 f:id:morihiko256:20170423004647j:image

まだまだ成長はしてますが、2億の助っ人としては...。今年のビシエドゲレーロと似たような成績。

 

 

 

 

 

七年目のオフシーズン

まずは、ドラフトで川上憲伸を逆指名で獲得。

f:id:morihiko256:20170409003835j:image

能力、スキルは、申し分無し。退団した先発 樋口の穴は、埋めてくれそう。

 

 

ただ、調査を進めていた高校生投手の池谷と園井があっさり他球団に指名される。

どちらか取れない場合に、大森達昭という一塁手の高校生に接触していたが、この選手も取られてしまった。

 

 こうなってしまったら、川上だけにして、獲らないという選択肢もあったが、リストアップされている選手の中から中継ぎ投手を探してみたところ、ロッテで活躍した河本育之の名が。

f:id:morihiko256:20170409003848j:image

残り一枠を投手には、めぼしい人材がいないので、野手のリストを見直していたら、地元富山商業出身の浅井樹を名を見つける。

前田や緒方が活躍した時代の広島で代打の切り札だったので、育てるのが楽しみ。

f:id:morihiko256:20170409003857j:image

 

その新戦力と入れ替わるように、初期メンバーの樋口龍美高橋光信高橋聡文とチームを去った。

 

スカウトもアーヴィンという有能な人材を確保し、すぐに初仕事で海外へ飛ばす。

f:id:morihiko256:20170409110406j:image

外野の伊藤、土井、大嶋と揃っている立山連峰打線は強力だが、抜けている時の負けが目立っていた。

その補強として、外野手のみで依頼をしたところ、キューバのアレクシオという守備に定評がある人材を発掘。

スキルが無いし、左に弱く、長打力が無いが、足も早く、2億ちょっとの年俸なら、この能力なら安いのではないか。

f:id:morihiko256:20170409004526j:image

40人を超えていたので、獲得か保留か悩んだが、一年目のドラフトで入団していた外野手の春原を解雇。

チームリーダーのスキル持ちだったし、左も苦にしてなかったが、選球眼と守備に課題があったので、退団してもらう事を決断した。

 

 

 

 

七年目の9月

初期メンバーの37歳ベテラン外野手の大友が9月に爆発。

最近は、英智と二人で守備固め要員になってますが、まだまだ現役を続けます。

f:id:morihiko256:20170408160220j:image

 

ペナントは、今月かなり追い上げたが、結果4位に。二年連続Bクラスというのは、GMとして責任を痛感。

f:id:morihiko256:20170408160514j:image

対戦成績を確認してみると、巨人や横浜とはほぼ互角なのに、広島相手に大きく負け越してる。

f:id:morihiko256:20170408160633j:image

投手交代は、すべて自分で采配してるので、 まずまずの防御率

盗塁が少ないのは仕様。

f:id:morihiko256:20170408161038j:image

 野手の結果

f:id:morihiko256:20170409000043j:image

大嶋は、素晴らしい結果を残すが、新人王は巨人の投手 石崎に選ばれる。

 

 先発の結果

f:id:morihiko256:20170409000306j:image

昨年不振だった中田が9勝と活躍 。 西本も9勝とキャリアハイの成績。

 

中継ぎ抑えの結果。

f:id:morihiko256:20170409000643j:image

常連だった最多救援のタイトルも巨人の郭泰源に奪われる。

七年目の8月

3月になってから、訪問者の人数が増えているので、ちょっと調べてみたら、有名な生主さんがやきゅつく3を配信していたんですね。

その影響がこんなサイトにも出てくるのは、驚きです。

 

7月の結果

 f:id:morihiko256:20170402000857j:image

ずっと試合を観戦していますが、広島、巨人、横浜相手には、どうしても歯が立ちません。

こちらの戦力も揃ってきたのですが、相手の方が上回ってきたのでしょう。

その巨人に早くもマジック19が点灯。こっちもベストメンバーで挑みますが、勢いは、止められそうもありません。

 

一方、人事面は、川上の逆指名は無事もらえそう。11番を準備しておきます。

明治大は知っていましたが、阿波踊りの徳島出身なんですねぇ。 

 f:id:morihiko256:20170402001355j:image