野球好きのゲーム日記

パワプロ2018栄冠ナインやペナントの監督モードとPS2やきゅつく3の日記を書いていきます

パワプロ2018 栄冠ナイン15年目まで

11年目は、広島のコーチで有名な河田雄祐。2018年シーズンは、石井琢とともに、ヤクルトのコーチに。渋すぎるOBの入部となった。

f:id:morihiko256:20180507131013j:image

正直、能力もスキルが物足りないが、新チームになる秋には切り込み隊長として活躍してもらおう。

 

春のセンバツに出場した小宮山は、初戦は危なげなく勝利するが、2回戦で強敵と当たり、もつれた試合になったが、敗れてしまった。

春夏連続出場は、かなりのメンバーじゃないと、無理かもしれない。

f:id:morihiko256:20180508004253j:image

孤高のエース小宮山が抜けた後は、監督自身も気落ちしていたが、残ったメンバーが奮起して、秋季の県大会は勝ち上がる底力は見せつけた。

 

12年目は、初の転生OB捕手。阪神で活躍した矢野燿大

f:id:morihiko256:20180508004514j:image

チャンス、キャッチャーBの素質は、素晴らしいの一言。1年生の春から正捕手に起用する。

そして、望んだ夏の県大会予選は、明らかに打線、守備、投手力全てにおいて、過去のチームよりも劣っていると思われるが、ボンボンと勝ち上がり、初の決勝まで進出。惜しくも、投手戦の末に敗れたが。

f:id:morihiko256:20180512001130j:image

大した3年生はいなかったので、戦力ダウンとはさほど感じなかった秋季の県予選も連勝。

地区予選で、またも、宇和商工と激突。リベンジを果たそうとするが、後一歩及ばず。

 

13年目は、大道典良。南海、ダイエーソフトバンクと活躍した流し打ちの左キラー

f:id:morihiko256:20180512001307j:image

矢野も攻守ともに育ってきているのに、なぜか夏の県大会予選は、なんと初戦負け。やはり、入部している投手の質の低下が出てきている。

3年の河田が抜けた新チームも秋の初戦敗退で、とうとう、評判がそこそこまで転落。

 

14年目は、広島や巨人で活躍した江藤智。久しぶりの4番大砲候補。

f:id:morihiko256:20180512001535j:image

ただ、監督に負け運が付いたのか、采配が悪いのか、矢野が率いた夏は松山工業との2回戦で負け。

f:id:morihiko256:20180512111324j:image

まさに、要だった矢野が抜けた後の大道、江藤智の打線といっても、打ち込まれる投手を支え切れず、初戦敗退。

 

そして、15年目は、大西崇之。中日の外野手で守備の人だった気がする。

f:id:morihiko256:20180512174511j:image

これで、なんとか大道を一塁の守備に回せるか。天才肌の捕手も一年生で加入したので、いよいよ這い上がれるかと思ったら、夏は初戦敗退。

f:id:morihiko256:20180513123820j:image

大道が抜けた後は、江藤が率いたチームは、なんとか秋季県大会は勝ち上がったが、四国地区大会初戦であっさり敗退。

なんとか強豪校に戻らないと、ジリ貧な状況な気がする。