野球好きのゲーム日記

パワプロ2018栄冠ナインとPS2やきゅつく3の日記を書いていきます

パワプロ2018 栄冠ナイン10年目まで

5年目の春に、現在は、日ハムの監督の栗山英樹を迎える。

f:id:morihiko256:20180503182800j:image

選抜の出場メンバーを率いた西村、福良のチームは、久万高原に投手陣が崩壊し、不本意な2回戦で敗退する。

f:id:morihiko256:20180505092336j:image

その秋の福良の新チームでは、愛媛県大会はなんとか勝ち上がるも、地区大会の初戦で強豪の高松商業に当たってしまい惨敗。

 

6年目には、ヤクルトなどで活躍した広澤克実を迎える。

f:id:morihiko256:20180503135231j:image

 

初の大砲を迎えたが、夏はそこまで鍛え上げる事はできず、福良、栗山のチームはあっさり県大会2回戦で敗退。

f:id:morihiko256:20180504082553j:image

栗山英樹キャプテンでの秋季県大会は、低評価を覆し、県大会を勝ち上がり、地区大会は、高知の土佐工業を破るが、決勝でまたも高松商業に阻まれる。

 

7年目には、ソフトバンク監督の工藤公康。初の転生OB投手。

f:id:morihiko256:20180504142556j:image

彼をエースに育てるために、1年生から積極的に起用するが、

f:id:morihiko256:20180504143425j:image

あっさり初戦で敗退し、3年の栗山が引退する。

新キャプテンの広澤のチームも秋季県大会も初戦敗退という無様な結果。

 

8年目には、清水雅治。今は、ロッテのコーチ。広澤、工藤と続いた後だと地味な印象。前年の結果が悪すぎたからか。

f:id:morihiko256:20180504142800j:image

夏の県大会予選は、3年生となった広澤と2年生エース工藤でベスト4まで勝ち上がったが、準決勝で力尽きた。

ただ、広澤克実の確定演出のホームランは、ダメ押しだったけど、気持ちよかった。

f:id:morihiko256:20180505091615j:image

その広澤も引退し、工藤をキャプテンとした新チームの秋季県大会は、2回戦止まり。評価も下がり、打てない打線が援護できないチームな感じ。操作できない失点では、手の施しようが無い。

 

9年目に小宮山悟。メガネにヒゲなので、高校生には見えないが。トレードマークなので仕方ない。

f:id:morihiko256:20180505091133j:image

3年生となり、守備まで鍛え上げた工藤公康夏の甲子園に連れて行ってくれるかと思いきや、2回戦で散る。戦力がガタ落ちとなった秋の大会も初戦敗退。

f:id:morihiko256:20180506093540j:image

 

 

10年目の節目の年は、評判もそこそこに落ちたせいか、入ってくる部員も質も人数も落ち、転生OB無しという結果に。

苦しいチームを率いた清水キャプテンは、2回戦で力の差を感じながら、敗退する。

ただ、元マネが今年アイドルになったり、八百屋、肉屋、魚屋、パン屋と揃ってきて少しずつ明るい兆しが見えてきていた。

小宮山の負け運を消してくれたOBもいてくれたし。

f:id:morihiko256:20180506115434j:image

その甲斐あって、スタメンや控えの野手の低レベルでも、小宮山悟の孤高のエースぶりで、愛媛県大会、四国地区大会も連勝して、久しぶりの甲子園の切符を手にする。

その勢いは、とどまらず、初戦の和歌山代表に競り勝ち、

記念すべき甲子園での1勝。

f:id:morihiko256:20180506115940j:image

2回戦は、前評判も上な三重県代表の名張商工に延長戦の末、破れてしまった。

最後は、守備のエラーなので、悔しい敗戦。春夏連続出場に向けて、鍛え上げよう。

f:id:morihiko256:20180506115849j:image

f:id:morihiko256:20180506115858j:image