やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

10年目 成績回顧とプレーオフ

わずか0.5ゲーム差でペナント1位。最後のヤクルトとの直接対決で2勝したのが大きかった。

f:id:morihiko256:20170918091540j:image

f:id:morihiko256:20170919102656j:image

今シーズンは、ホームランがファルコナー分、増加した感じ。200本打線は、相手投手には脅威か。

f:id:morihiko256:20170918091612j:image

f:id:morihiko256:20170918092302j:image

f:id:morihiko256:20170918092323j:image

新加入のファルコナーが3割越えで30本打ち、阿部も23本、村田も17本と好成績で終えている。

 

先発は、ローテの余裕があり、体調を重視している事から、10勝している投手はいない。 

f:id:morihiko256:20170918092800j:image

抑えは、ヒヤヒヤなピッチングが多い印象だが、結果は42セーブで防御率も2点台なので、平井の穴は見事に埋めたと言える。菊原、荒川、久本の防御率が悪いのが気になる。

f:id:morihiko256:20170918092819j:image

 

f:id:morihiko256:20170918093410j:image

えっ、5ゲームの差でアドバンテージ?

f:id:morihiko256:20170918093441j:image

あっ、プレーオフのファーストステージは、ヤクルトを破って、巨人が出てきたのね。

 

富山のホームで巨人を迎えた初戦は、金髪のエース獅子堂がきっちりと試合を作り、勝利

f:id:morihiko256:20170918093741j:image

続いて、第2戦。

初回カターレの猛攻で5点先取も、自慢の中継ぎが打ち込まれ、逆転負け。

f:id:morihiko256:20170918094013j:image

第3戦。中日からの初期メンバー朝倉をマウンドへ。今シーズン6勝2敗と好調で、プレーオフでも見事なピッチングで巨人打線を封じ込めた。

ただ、与田がまさかの乱調で、9回表で同点に追いつかれるも、ファルコナーのサヨナラ2ランで巨人とのプレーオフを制した。

f:id:morihiko256:20170918094252j:image

f:id:morihiko256:20170918094752j:image