やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

九年目の9月

f:id:morihiko256:20170723193546j:image

追いつくどころか、直接対決の天王山も連敗し、ズルズル失速。

f:id:morihiko256:20170723193621j:image

最終的には、9ゲームも差をつけられてしまった。巨人の強力打線を抑える事ができない試合が多く、序盤で試合が崩壊している。

f:id:morihiko256:20170723194612j:image

にしても、阪神と横浜が巨人に対して、負けすぎ。こんなに独走するのも当然の結果。

f:id:morihiko256:20170723194927j:image

改めて、今のチームを見てみると、得点と打率は6位、失点、防御率とホームランが1位という結果。

投手力は問題無いが一発に頼りがちで、打線と呼べる繋がりや連打やタイムリーが少ないチームという事だった。

来年以降は、巧打を意識した選手を獲得しよう。

 

という事で、まずは打者から

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

f:id:morihiko256:20170723200642j:image

大嶋、土井の二人は文句なしの結果を残しているが、伊藤や村田の成績がイマイチ。一昨年獲得したアクレシオも、写真の残らない2割ちょっとの打率でシーズンを終えている。やはりスキル無しでは、無理なのか。2年目から日本の野球に慣れてくれればよいが。

 

次に、投手を振り返ると

f:id:morihiko256:20170723201357j:image

f:id:morihiko256:20170723201427j:image

金髪のエース獅子堂が10勝と現在オリックスの投手コーチの平井が38歳で39セーブが素晴らしい結果を残す。若い先発は、打たれても、そのまま投げ続けるので防御率は気にしないが、31歳ベテランの中田賢一と若いが何故かよく打たれる荒川が心配。