やきゅつく3+やきゅすき日記

PS2やきゅつく3とスマホやきゅすきの日記を書いていきます

七年目の6月

リアルのこの時期は、オープン戦が始まり、新戦力だったり、キャンプ中に起用法を試したり、毎年の事ですが、この時期は、ワクワクしますね。さらに、今年は、WBCがありますし。

さて、侍達にドラマチックな展開があるのでしょうか。

 

富山カターレも新加入した大嶋(中嶋治康)を年俸を気にせず、新人王を取らせる目的で5番におき、3番伊藤(江藤慎一)4番土井正博と外野手三人でクリーンナップを組め、立山連峰打線と命名。高くそびえ立ち、雄大な立山連峰からイメージ。

その三人が調子を上げてきたところで、6月後半から巻き返して、ようやく貯金1。今シーズンは、3強3弱の状況で、弱い側の方に甘んじる。

f:id:morihiko256:20170308215832j:image

シリーズ前半終わったので、個人成績の振り返り。

まずは、野手の打席数。

f:id:morihiko256:20170308220435j:image

大嶋が前半からいい成績。

先発投手の成績。投球回数でソート。

f:id:morihiko256:20170308220542j:image

相変わらず、先発で勝ち星が計算できるのは、金髪のエース獅子堂だけ。

中継ぎ抑え投手の成績。登板回数でソート。

f:id:morihiko256:20170308220626j:image

今年も平井が出遅れて、岡本がクローザーで踏ん張る。少しずつ、荒川や与田が7、8回を任せられるようになった。