読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更のやきゅつく3日記

とりあえず、やきゅつく3の日記を書く予定

五年目の9月

やきゅつく

まさかの優勝争いに加わるどころか、一時は首位にもなるし、富山カターレにマジック点灯といった事もありましたが、すぐ負けて消滅したりと混戦模様。

GM自身は、初プレイでも無いので、まったく焦っておらず、試合が終わるたびに、順位表を見る事はありませんでした。

そのリラックスした状態が選手達にも伝わった?のか、目立った連敗せず踏ん張った投手陣の活躍やタイフーン打線の奇跡的な一発での勝利を重ねてゆき、2位のチームと直接対決ではないものの、最終戦で勝てば、優勝という決戦の舞台に。(あの94年の10.8決戦とはならず)

f:id:morihiko256:20161213233040j:image

そこで、見事勝利し、2位と0,5差で初優勝!!!!

いやはや、GMが一番驚いています。

リセットもする程、優勝に執着してないので、この決戦をやり直したりはしてないのですが、この戦力でも優勝できるんですね。写真は撮り忘れましたが、チーム防御率は、6球団でもトップで、他のチームよりは打ってなかったので、守りのチームだったかもしれません。

 

f:id:morihiko256:20161213072522j:image

ペナントレース優勝で五年目のシーズンは終了。横浜が失速して、阪神との争いになってたんですね。 

f:id:morihiko256:20161214085105j:image 

先発投手の成績。金髪のエース獅子堂以外は、勝ち星が上回ってるのが少ないが、樋口や山井大介の2人が素晴らしい結果。

f:id:morihiko256:20161214123607j:image

中継ぎの成績。平井正史がシーズン中、ほぼ不調で登板機会が少なく、その代わりに岡本真也が抑えで奮闘。

f:id:morihiko256:20161214124156j:image

打者。土井正博は、不動の4番で、全試合に出場。村田修一阿部慎之助がもう少し打てば、楽に優勝できた?