ゲーム好きおっさんの日記

小学生の頃、初めてゲームに触れてから、ずっとゲームを続けてるおっさんのブログ

栄冠ナイン2020 10年目

ひさびさの更新になりました。 プライベートでいろいろありまして、ゲームすら、する気になれませんでした。 心とかをリセットしてくれたり、ワクワクさせたりしてくれるゲームという存在と思っていたのですが、こんな気持ちになるんですね。 昨年、甲子園初…

栄冠ナイン 9年目の夏の甲子園

全国の独自大会が終わった日に更新。 3年ぶり二度目の甲子園となった小久保擁する愛媛代表の野球部は、初戦は熊本代表と激突します。 投手戦となり、打てるキャッチャー宿毛君の3ランを放ち、格上の名門 合志実業をエース島脇と山下のリレーで、わずか4安打…

栄冠ナイン2020 9年目

甲子園が一戦のみの交流大会となった最終日に更新。 いち野球ファン、高校野球ファンとしても特別な夏というのを改めて思う。 さて、栄冠ナインのプレイも9年目となり、ようやく施設やグラウンドが整って、強くなっていく時期ではあったが、 小久保、夏目の…

栄冠ナイン2020 8年目

8年目の夏は、県大会準優勝。 決勝も接戦で争ったが、見出しの通り2年で4番に抜擢した小久保で打てなかった。 ただ、それまでの試合では、2年の彼も結果を残したので、すぐ先の秋大会や来年に期待しよう。 3年生の香川の特待生 丸亀と転生OB赤堀の2人で勝ち…

栄冠ナイン2020 7年目 

昨年の甲子園初出場でベスト4に残って、強豪校の仲間入り。 一つ下の世代は、斎藤隆、室戸の両投手以外は、スカウトの失敗した年でもあって、野手陣が小粒すぎた。秋も地区大会にも出れず、3年となった夏の県大会も2回戦で惜敗してしまう。 前バージョンなら…

栄冠ナイン 6年目の夏の甲子園

初戦の一回戦は、鳥取代表と。 この日、先制3ランを放った切り込み隊長の油井君(写真は、県大会終了時点)は、紙面を飾るほどの大活躍。 打線も17安打と圧倒し、あっさり甲子園の初勝利をもたらす。 続く二回戦も、勢いそのままで、京都の代表を破る。 3回…

栄冠ナイン2020 6年目

山﨑武司らの三年生達で、2020の初の夏の甲子園に。 特待生の三年の大洲君は、二番打者で打率3割をキープして、甲子園の地へ。 同じく高松君も活躍し、中軸の三番を任せる。 4番は、転生OBの山﨑武司に任せ、県大会を勝ち上がった。 期待よりも打率も低く、…

栄冠ナイン2020 5年目

風岡世代の三年生の夏は、決勝で先発阿南君が満塁弾を浴びて、甲子園初出場ならず。 準優勝だったが、少しずつ、強いチームになっていく感じ、そして、止めるタイミングがなかなか無くなる感じ、この辺りがゲームとして、一番楽しい時期かもしれません。 こ…

栄冠ナイン2020 4年目

松山世代は、夏は昨年と同じくベスト4。 打てるバッターも揃っていたが、まだ、甲子園には届かず。 新入スカウトは、地元からチャンスメイクが出来そうな200超えの三塁手 大洲君が入部してくれた。 香川からチャンスに強いクリーンナップを任せる事ができる…

栄冠ナイン2020 3年目

池山世代の活躍で中堅校に格上げされ、カードが増えるのも嬉しいのですが、 スカウトできる範囲が愛媛で始めたので、中四国まで一気に広がりました。 リストアップされているポジションの人数を見て、訪問できますので、まずは、欲しいポジションの所を訪問…

栄冠ナイン2020 2年目

80年から始めて、最初の夏の県大会は、準々決勝で敗退。秋の県大会は、初戦敗退。 前作には無かったスクラップ機能を載せますが、弱小校だから、誌面が扱いが小さい。 2年目の夏大会も準々決勝でまたしても松山工業に敗れる。 秋は、県大会2勝し、初制覇す…

栄冠ナイン2020 胎動

まずは、前監督の引き継ぎ戦力で、とりあえず1年プレイしてみました。 さすがに、弱小校で能力の低い選手たちを教えるのは、久しぶりでしたが、なんとなく打高投低といった調整なのは実感しています。 前作が能力の割には、打たなさすぎだったし、高校生は…

パワプロ2020 発売

入手しました。Twitterでも呟きましたが。 2018は、店頭で、各球団のケースを貰えましたが、2020は、予約でもしないと貰えないのてしょうか? Switchならともかく、7500円ぐらいするPS4版を買い直す必要があるのか、正直まだわかりません。 スカウト機能とか…

ウイポ9 2020第11レース

2002年に振り返ります。岸滋彦騎手ラストイヤーでした。 結局、613勝でG1も32勝でき、難易度ノーマルの1周目なので、難易度を上げても2周目なら、成績を上回る事はできそうです。 ここには書きませんでしたが、ダービー制覇とかやり残した事もあるので、2周…

ウイポ9 2020 第10レース

2001年と振り返ります。現実は、今週はダービーウィークなので、プライベートが忙しいけど、なんとか間に合いました。ブルーインパルスが東京の空を飛んだし、コントレイルが圧勝しそう。 現役 6歳馬は、史実馬タマモストロング 未だ重賞を勝てません。1番人…

ウイポ9 2020 第9レース

2000年となりました。ゲーム上では、10年経過で、一周目の割には非常にのんびりプレイとなっています。 たまーに、オンラインで全国の猛者に挑みますが、初級でも二桁着順ばかりですね。史実期間は、リミットかけられているから、当然の結果ですが。 まずは…

ウイポ9 2020 第8レース

今回は、99年。 時間を溶かすこのゲームは、ステイホームとか篭城じゃと言っている世の中だと、最適なゲームかもしれません。 さて、まずは、史実馬から。 銀札の晩成のダイタクヤマトですが、この頃の短距離戦は、層が厚く、厳しい戦い。 3歳牝馬エイシン…

ウイポ9 2020 第7レース

今回は、98年となります。史実馬でも緑や赤札では、なかなか勝てませんね。 まぁ、1周目ならゲームとして楽しいですけど。 エイシンサニーのマジックミラー産駒は、5歳夏で引退。3勝止まりなので、繁殖にも上げず。 その1つの姉モンテプリンス産駒は、ステ…

ウイポ9 2020 第6レース

今回は、97年。 まずは、史実馬スプリングバンブーは、 もう7歳。晩成とはいえ、未だ重賞未勝利。 続いて、騎乗馬ではないが、史実馬ダイタクヤマト。父ダイタクヘリオスにダイタクのオーナーであれば、ここに書いてもいいと馬ではないかと。 3歳の年末で、…

ウイポ9 2020 第5レース

今回は、96年。 あんまり強い馬がいないと、ゲームプレイ自体が寂しいので、ライブリマウントを所有していたので、地方ダートG1を荒らしています。 96年はトウケイニセイが引退した後なので、国内なら無双できるのではないでしょうか? さて、唯一の史実騎乗…

ウイポ9 2020 第4レース

今回は、95年となります。 このまま引退する訳にはいかない5歳ビワハヤヒデは、7番人気で迎えた宝塚で、人気薄の前残りで勝利。 牧場施設も充実していないし、絆の使い所も上手くなかったのですが、何とか1つ大きいところを勝ててよかったです。 岸のコメン…

ウイポ9 2020 第3レース

94年も一気に駆け抜けてしまいました。ついつい進めてしまうため、やめ時が難しいゲームです。 エルウェーウィンの4歳時は、マイルチャンピオンSを勝って、そのまま引退の花見を飾りました(4歳年末で下降線) 調教師や絆を使いこなしたり、上手な人ならもっ…

ウイポ9 2020 第2レース

オート進行ではなく、93年年末まで進めました。 今のところの感想は、初回の環境でノーマルレベルでのナイスネイチャは、G1では掲示板に載るのがやっとで、G2なら相手次第で勝つという強さです。鞍上は、諸事情により横山典ですが。 最初の開始時は、牧場購…

ウイポ9 2020 第1レース

ウイポ8 2018の二週目エキスパートレベルの縛りプレイも、札の持ち越しをしちゃうと、ニヤニヤはできたんですが、ここにはあんまり書く気にならず、プレイを続けたが断念。 そんな中、ウイポ9の2020が発売され、だいぶ無印からマシになってるという情報を入…

ひさびさに更新

プロスピの新作が2019年に発売されたが、やりたかったマネジメントモードも無かったため、購入断念。 あぁ、セガ様、やきゅつくがやりたいです。据置機で出してもらえないでしょうか? ただ、ゲームからは離れる事はできず、光栄信者の如く、信長の大志PKと…

パワプロ2019データ更新

アップデートは、知っていましたが、ちょっと忙しくて、ようやく起動。 名将甲子園っていうのが、追加されていますが、まずは2019年をデータをペナントモードで確認しました。 監督が代わり、与田が今年から采配を取ります。 コーチ陣はこちら。ヘッドコーチ…

パワプロ2018 ペナント監督モード2年目

下克上にて、日本一になったが、契約更改を終え、リアルと同じく引退、自由契約の選手たちが私のチームを去った。 そして迎えたドラフト。ゲーム内の選手は、シーズンに入った時に紹介するが、全国のパワプロユーザーが作った中から、この根尾昂を選びました…

パワプロ2018 ペナント監督モード 日本シリーズ

日本シリーズの相手は、リアルの2018と同じく、ソフトバンクが相手。 初戦は、無敗の小熊が先発し、千賀との投げ合いを制して、大事な初戦を獲る。 二戦目は、2018シーズンでは活躍しなかった大野雄大や田島が完璧にソフトバンク打線を封じ込める。 3戦目は…

パワプロ2018 ペナント監督モード10月

クライマックスシリーズのファーストステージでは、神宮で2位のヤクルトと対戦。 強竜打線?が由規に襲いかかり、13安打の11得点で初戦を勝利。 シーズン無敗の7勝の小熊がきっちりとヤクルト打線も抑えたのも大きい。 柳が先発。シーズンは、ローテを守って…

パワプロ2018 ペナント監督モード9月

何とか3位を守り切り、クライマックスに進出を決めた。 2018シーズン 投手成績 吉見が11勝でトップの成績。吉見以外は、規定投球回数に到達していないし、二桁勝利をしていない。まだまだ、投手王国復活には程遠い。 リリーフの成績を振り返ると、田島が29セ…